別館.net.amigo

人生案内メモ、文字起こし、感想。

高崎山のベンツ、加藤精三さん死亡記事に思うことあれこれ。

「ベンツは死んだ」と「宣告」

f:id:ami-go40:20140118123320j:plain
園の慣例では
「トップが群れから離れ、1ヶ月間えさ場に姿を現さない場合は死んだとみなす」そうだ。

2月2日、ナンバー2の「ゾロメ」トップ就任式を行う予定。
これはもう
1月26日のベンツお別れ会またはトップ就任式に、ベンツ乱入を願ってしまいます。
寒空にさまよっているなんて確率も低いし
野良ネコだって死ぬ時は姿を隠すから、やはり・・・とか思うのですが
生存確率はゼロではない、と信じたいもの。
よってベンツのご冥福は祈れません。(失踪は昨年12月16日)

ふと思ったけど
闘病中にブログ書いてて、3カ月以上更新がなく、報告なく、誰も引き継がなければ
「死んだブロガー」扱いになるのか。
そういうひとって震災以降たくさんいると思う。
生きてるうちに削除したほうがいいのかなぁ。
WEB上の後始末も考えたほうがいいのか。

突然死、不慮の死以外で、生前の借金は残さない方がいい。
立て続けに喪服着る機会があった。叔父が多額の借金を残し
しかも娘名義で借りまくっていた事実が発覚したので、参列した人が誰も泣いてなかった。
むしろこれからの後始末で頭がいっぱいで
おちおち骨も拾ってられない、と奥方が怒っていたからのけぞりそうになった。
誰も泣いていない葬儀は初めて体験した。

最近の死亡記事を眺めていると、ネットと大新聞では扱いが極端に違うなぁ、なんて、当たり前のことに、いささかモヤッとしてしまう。これが温度差ってものか。

ベンツよりも下の方にちょろっと載ってた加藤精三さんの訃報。

f:id:ami-go40:20140118123732j:plain
猿より悲しかった。
星一徹の声」だけじゃないんだけどなあ・・・
小野田寛郎サンほど大きくなくていいんだけど
他にも印象的なお仕事をたくさんされていたのに。

http://youtu.be/1OsaEBSCw98

学年4番ならいいじゃん。ウチの坊主はビリから4番バッターw

それにしても
2014年はまだ18日しか経っていないのに訃報続きとは・・

私の死亡記事 (文春文庫)

私の死亡記事 (文春文庫)

  • 発売日: 2004/12/07
  • メディア: 文庫
死亡記事を読む(新潮新書)

死亡記事を読む(新潮新書)