別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

【人生案内】自治会役員を逃れる親戚

2013.12.2 読売新聞

今年初めて、母は自治会の役員を引き受けました。母は持病を抱えているので心配です。近所の親戚(80代老夫婦)、2人とも健康で頻繁に外出するにもかかわらず、ここ数年役員を引き受けようとしません。役員を決める時期が近づくと、体調が悪いと口実をつけて任務を回避するのです。不審に思い、通院していると言う日に知人に追跡してもらいました。行き先は病院ではありませんでした。役員の件について民生委員に相談したら「街区の中で最年少のあなたがするべきだ」と言われました。私にそんな暇はありません。民生委員と親戚が口裏を合わせているように思えました。この先、この地域で良好な生活を送るためのアドバイスをお願いします。(20代女性)

出久根達郎氏の回答(抜粋)

あなたのお母さんは偉い。あなたはお母さんを見習うべき。そして助けるべきでしょう。そんな暇はない?その言葉はお母さんを傷つけるものですよ。民生委員のお仕事を軽く見ているようですが、地域住民の生活の全般を真剣に考え、一生懸命に勤めていることを知らなければなりません。あなたは手伝うことで自治会で発言できる。お母さんは何度も役員を務めさせられる恐れがある。それを阻止できます。


この相談で矛盾なのはあくまで引き受けない親戚に腹が立ち、他人を使って尾行させておきながら、この若い小娘は「アタシは忙しくて母さんを手伝えないの」とのたまってる点である。アナタもできないなら人さまを厳しく追求するのはやめたらどうかしら。出久根先生も同じことを指摘しているではないか。

春になるとPTA役員に関する悩みを、年の瀬には自治会役員関係の悩みを多く目にする。強制的に押し付けられる義務なんて誰しも嫌だ。

ワタシも断りました。「来年お願い」って紙切れ1枚が玄関ポストに挟んであった。引っ越して来て間もなく強制的に押し付けられて一度だけやりましたが、「町費」を1軒1軒廻って回収しないといけないのがキツイ。いや、数世帯しかないんだけど払わずに逃げ惑う輩がいる。だったら自治会から抜ければよい。(←ウチの町内は抜けたら市報がもらえなくなるだけで、ゴミ出しはできる。 自治会によっては抜けるとゴミ出しができなくなると脅されるケースがある。各市町村で違う)そして決まった日の溝掃除や町内清掃当番。不参加の選択肢があるが、事前に欠席届を出さず無断でサボると罰金を支払わなくてはならない。(←各自治体によって違う。事前に届けを出した場合でも500円~1000円の「清掃協力金」を払う町内あり。無断欠席の罰金の相場は2~3千円。)どうもリアルガチで「自治会入らざるものゴミ捨てるべからず」が多そうだ↓
自治会入らないといけないでしょうか? 越してきて6年目になります。 自治会は強... - Yahoo!知恵袋

ウチのアパートは独身世帯が多く、家族持ちでも自治会未加入者が増えた。ゴミは加入者も未加入者も同じゴミステーションに捨てている。いまワタシも自治会を抜けることを考え中。そもそも自治会のメリットってなんだ?役員がうちの親世代ばかりで(60代後半~70代後半)季節の折節の平日、梨狩りやミカン狩りに行って喜んでいるだけのイメージがあるぞ。アパートの階下の告知だって1日バスツアーと爺さん婆さんの葬儀日程だけじゃないか。

自治会の必要性

ひとりで頼みごとをしても役所は動かないが、自治会単位で陳情すれば行政も考える。(←場合あり、陳情の内容による)
不審者への声かけ事案にも対応できるなど、情報共有ができる。

自治会のおもな仕事

河川清掃、ゴミ収集場所(の清掃、後片付け)や防犯灯の管理
祭りや行事運営(←当日の手伝い、参加人数の把握など)
行政の連絡事項を回覧版で回す←※ウチは市報のみ。回覧板なし
近くに公園がある場合は委託管理も。
住民からの相談・苦情受付、近隣トラブルの仲裁←今もあることにびっくり。それは民生委員と手分けしないと無理じゃなかろうか。

役員決めで思うのは向いてない人が上に立つと却って迷惑だってこと。

夜、忙しい時間を割いて役員が集まっても、大概は爺、否、自治会長がこれまでしてきた仕事を数分間短く語り、帰ろうとすると即座に引きとめられて、自分ちの孫自慢と嫁夫旦那とわけぇもんの悪口大会に付き合わされる。←※あくまでウチの町内の場合ですがね。ボランティアも担ってるような気になる。
今年も同じ人がするのだろうか。他人事じゃいけないが、もうやらない。
街灯が点かなくなったって知らせたのに、行政はすぐ動かなかったじゃないか。

町内会の研究 (増補版)

町内会の研究 (増補版)

町内会のすべてが解る!「疑問」「難問」100問100答―防犯・防災から快適なまちづくりまで

町内会のすべてが解る!「疑問」「難問」100問100答―防犯・防災から快適なまちづくりまで