別館.net.amigo

料理 人生案内 モノ TV 音楽 読書 野球 ラジオ

【抜粋】SWITCH インタビュー達人達 コウケンテツ×片桐仁 粘土アート、俳優学、料理研究家とは 焼肉丼

片桐仁

笑いと幸せを呼ぶ粘土アート

コウ 根本に人を楽しませるというか
片桐 それはありますね。街中に彫刻っていっぱいあるのに、みんなスルーするじゃないですか。当たり前のように。僕立体の年度が好きなんで、どうやったらもっと見てもらえるかなと思ったとき、粘土を持ったりダジャレになったり、なにかクスリとできるものがいいんじゃないか。同時期にたまたまそうなっただけなんですね。

コウ 笑いと幸せ呼びますね。一見カオスに見えて、むちゃくちゃ日常とリンクしてますでしょ。それが面白いですよね。いろんな人を惹きつけるとこなのかな。

片桐 見てもらいやすいんですよそれが。気づいてもらいやすいというか。個展やってても「あ、これなんだろう」という。コミュニケーションツール。最初の顔合わせとか緊張するんですよ。これ置いて「ちょっと、ちょっと」絶対ツッコミますもんね。香川照之さんとか怖いじゃないですか。「なにそれ」「スマホですけど」「違うよね?」(笑)「それは何?」「だから僕作った...」「作ったん?!」それで何段階か会話になるので。アートなんだけど、持ち歩くこともセット。なんかほんとに自己顕示欲で、最初の頃の棒状の携帯電話の時に、よく忘れてたんですよね。ソファに置いちゃったりとか。有機的な形にしていったのが2000年なんで。
コウ そんな前に。19年。
片桐 買い換える度にやってますね。折りたたみとか
コウ 時代の流れと全く逆に
片桐 だからデジタルとかになって、今もうインターネットでどんな状態でも手に入ると思ってるし、パソコンだって今この(小さい)サイズで、中学生の子なんかなんでも調べますから。すごいんだけど、ガワが変わると、中は変わらないんだけど、本体の価値がちょっと変わるんじゃないかなとか。漁で魚が取れなかった時に鯛が取れた時の喜び(笑)
関係ないかもしれないけど、すごいもの、尊いものの価値が上がるんじゃないかなと。
コウ 100%返ってきますもんね
片桐 「お客様こちらも~」なんて言って(笑)

コウ 僕は作品展を拝見させてもらって、最初のまえがきで書いてることなんかすごく印象的で

ゼロから彫刻作品をつくるのではなく、あえて何か土台に盛ることによって よりオリジナリティあふれる立体作品になっていく

片桐 オリジナルって、完全にオリジナルのものを作るには、その人の人生経験だったりとか、出自であったりとかで必然的にオリジナルになっていくんだよ、と思いますね。僕の場合は元の形が決まっちゃってるので、これに左右されるとオリジナルになるんですね。

俳優学

片桐 バラエティーとかで、ひな壇で、ひとこともしゃべらないでずーっともじもじしてて、そのまま終わった回があって反省した回があって。そのあと映画監督から「あの何にもできなくてもじもじしてる役でお願いします」言われたんですよ(笑)
コウ そうなんですか。それはすごいな
片桐 そんな自分を見てた人がいる、そこのあの芝居...いや、芝居じゃないんですよ。どう捉えるかわからないからこそ面白いなって、最近は思いますね

コウ なるほど。役者さんの顔、いろんな顔があると思うんですけど、まったく変わらない感じなんですか?アプローチの仕方というか
片桐 いろいろやったんですよ。ある演出家さんに「役を演じるんじゃなくて。別の人にはなれない、見た目も声も一緒だから。じゃなくて自分の人生の違う可能性っていうのでアプローチしたらどうですか?」と言われて。今までの自分を否定するというよりは、その中で、イメージできる違う自分をやってみたらいいんじゃないかと。それがこれ(粘土アート)に繋がってるんじゃないかと。あ、そうかと思って。どうしても演技が下手だなとか、俺は1個しかねえなとかいろいろ思ってた。モノマネも上手くないし、ニュアンスで思うこともできない。でも僕がやるんだったら、人生を投影するものであればリアルになっていく、と。演出家、いろんな人がいて、言うことが全然違うんです(笑)人間はこうだ、って言った人と、逆だ、って言った人と。逆じゃん、て思って(笑)それが面白いんですよね。だって本気で言ってるから。舞台からはける振り向き一つ逆なんですよ「そっちから人間は振り向かない」人間は?でも俺だから(笑)でも本気だから「わかりました」やるんですよ。かたやそんなのどうでもよかったり。顔見せろ、っていう人もいるし

コウ やっぱり「違うだろ」て思うときあるじゃないですか。とりあえず聞かれるんですか?

片桐 とりあえず、やります。5回あって違和感あったらさすがに言いますけど。聞きますね「どうやったらいいですか?」聞いていいんだって知ったの最近なんですけど。聞いちゃいけないと思って聞かなかったりとか。共演者もみんな考えて来てるし、絡み合った時にまた変わるじゃないですか。その化学反応みたいなのも面白いですね。ベテランの人に褒められるとできなくなっちゃうとか。これ、俳優さんあるあるで。尊敬する人に「あの芝居いいね」言われると翌日からできないんですよ。いいんだこれ、って思った瞬間、それをやりに行っちゃう。再現しようとすると違う

コウ 正解を演じようとする
片桐 そうですね。ベテランは嫉妬して言ってるか「あの芝居良くないな」と思って褒めてる場合もあるんですって。最近先輩に聞きました。すごいテクニックだな。言霊で、意図と違う方になってっちゃう

粘土道 完全版

粘土道 完全版

ami-go45.hatenablog.com

コウケンテツ

料理研究家の仕事とは

コウ よく聞かれるんですよね。絶対聞かれるのは「あなたは、お店どちらでやられてるんですか」持ってる方もいらっしゃるんですが、ほとんどお店をやるわけではなくて。主に料理雑誌とか、ウェブサイトで家庭料理のレシピを、特に僕は紹介して。僕がみなさんに振舞うというよりは、僕のレシピを皆さんに作っていただく。これが大きな違い

片桐 つくりやすい段取りとか分量とか全部決める
コウ そうそうそう。一般の方に作ってもらわないとダメなんで、できるだけ簡単で、その辺のスーパーに行っても手に入りやすい材料でおいしくできる工夫が大事

片桐 こんだけフライパンが必要なのも、やっぱりパターンにはめてるから
コウ そんなに多い?(笑)家庭も、1個より3つのフライパンを使い回したほうが長持ちするんですね
片桐 3つどころか30個ぐらいあるじゃないですか
コウ すみません(笑)
片桐 職業柄増えていっちゃう
コウ はい。
片桐 道具、すきですか
コウ やっぱりね~

生い立ち

幼少期から近所のパン屋さんに行って、揚げパンを手伝ったり。家族のルールが「世の中で一番大切なのはみんなでご飯を食べること」母も料理研究家(李映林さん)
スポーツ万能でプロテニスプレーヤーを目指していたが、18歳の時2年間の療養生活を余儀なくされる。10年間バイトを転々。そのうち少しずつ母の仕事を手伝い、修業を始めた。

焼肉丼

コウ 業界的にどんどん、もっと男の料理家を増やしていかなきゃいけない時期でもあったんですね
片桐 イケメンですからね
コウ いやいや。初めて雑誌に載ったの、いまだにそれだけは置いてるんですよ。本当に20代の頃って、労働の記憶しかないんです。1日20時間ぐらい
片桐 掛け持ちして
コウ そんな中いきなり、自分が作ったものが何かに載って世の中に出る
片桐 今までの人生と真逆な
コウ なんてエキサイティングな。発信を自分ができる。俺アルバイトでこのまま人生終わっていくんかなって思ってた時に、それがすごく楽しくて
片桐 そうですよね。承認欲求じゃないですけど。

コウ 根本的にどっか似たような部分がある。認められた、みたいな。母からもらった焼肉のたれをちょっとアレンジした、焼肉丼を初めて作った。しょうゆベースでにんにく、しょうがのすりおろしたものを砂糖でちょっと甘めにして、ゴマ、唐辛子、お酒入れて、あと、ジャムを入れた
片桐 いちごジャム?
コウ 柑橘系。ちょっと、マーマレイドみたいな。ちょっと熟成感、濃厚な甘味と酸味が。母がフルーツをたれに使うのよくやってたんです。韓国の文化。梨をすりおろしたりとか、あれと同じ。
片桐 焼肉は
コウ フライパンで、片面だけしっかり焼いて、裏はさっと焼く。洒落た焼き方。
片桐 しゃらくさいですね~(笑)

コウケンテツのだけ弁 (別冊エッセ)

コウケンテツのだけ弁 (別冊エッセ)

サワコの朝 宮本信子 伊丹十三を語る

タンポポ、ニューヨークへ行く

前衛的な映画だった

宮本 アメリカで伊丹映画がDVDとして発売されるってことで、タンポポを4K、画面きれいにして、ニューヨークの劇場でお客さんに入っていただいて。もうね、すっごく感動しました。タンポポが日本で上映されたときは、本当に、どうしてゴローさんが帽子かぶってお風呂に入るんだ!(笑)どうしてって、これは面白いと伊丹さんは思ってるんだけど、そういう感じ。びっくりしたんじゃないですかねぇ。なんか受け入れるのに時間がかかったと。

阿川 時代を先取りしちゃった
宮本 10年以上先ですね。伊丹さんのしたことって。そう思ってますけど。
阿川 25回見た人もいる
宮本 ハナっから楽しんで、みなさんクスクス笑って。これをね、わかってるかなぁ
阿川 空から見てる

お葬式

監督デビュー作

宮本 映画は撮りたくないなんて言ってた人が。やっぱり、伊丹万作の息子であるとか「いやぁそれはちょっと」って、距離を置いていたんだと。私の父が亡くなって、火葬場の煙突の煙見て「これは映画になる」と伊丹さんが(笑)何故かうちの親戚の方にユニークな方が多くて、これは映画になると思ったんじゃないかって
阿川 本当のお葬式は面白いと、伊丹さんが観察なさった
宮本 よく話し合ってる夫婦だったので。まぁよく気持ちはわかる
阿川 年は結構離れてらっしゃる
宮本 そう、一回り違うんですね
阿川 気が合われた
宮本 合われたっていうか、先生ですからねえ

マルサの女

厳選

かつら選びの映像。

いっぱいあるんですよ。かつらのいろんなものが。普通のウィッグと。ネクタイだったら50本ぐらいパーっと。その中からこれじゃないといけないってものを選びます。それはやっぱりお金もかかるし、手間もかかるし、それが映画を豊かにしていく。そのことはいつも言ってました。「これだけしかないんですけど」「それは、ないでしょ?」3日ぐらいかかって100着ぐらい着ますから。それやると役がだんだん分かってくるんですよ、俳優って。これってこうなのかしらと。それはすごく大事。

阿川 ワンシーンも長かったじゃないですか、津川雅彦さんと二人で泣いてらしたんでしょ
宮本 そうなの、いつもねぇ、もうすっごいですよ。ダメ出しも位置も何もかも。ワンシーン動きますから。カメラが行っても照明はこのままだから、この位置にこないといいライトが来ないから。10cmでもダメ。何遍も練習してね、ふたりで。あまり二人で練習しないでね、って言われるんです。でも何度やっても同じにできないと、初めてやったかのように思うので。勉強させていただきました。

伊丹十三を語る

大好きだった編集作業

編集大好き。だって誰も邪魔されないっていう。天気は邪魔しない、俳優がNGを出す出さないもない、あとはよくなるばっかり。編集の鈴木晄さん(すずきあきら 2014年死去。「春琴抄」「エデンの海」「セーラー服と機関銃」「蘇える金狼」など)と二人で楽しそうにやってらしたわ。「今日面白いから来ない?」って私と次男が誘われる。女優さん普通行かないです(笑)編集室は。違いますから立場が。でも立場とかそういうことじゃなくて「こんな面白いことを君は知ってたほうがいいよ」って言うんですよ。だからあたし、ああ、ちょっと違うことがしたい、家の中のことがしたい、それでも「はい」って。嫌とは言えない。抵抗はできない、先生だから。行ってずーっと見てて。「ここ、ほら、ちょっと切るんだよ」「はぁ」全然わかんないんですけど(笑)私は監督じゃないから。帰ると「面白かった?」必ず聞かれるから「はい!おもしろかった」(笑)すごい素直なんですあたし。(次男にも)聞きますよ。お風呂で「面白かったろ?」「うん」(笑)子供に見せたかったんでしょうね。
一日かけたセットなんか、全部作り変えるんですよ。それで半日かかっちゃう。

評価というより、必要とされる。評価はどうでもいい。若い頃はそんなことなかった。もちろん評価されたら嬉しい。でもあるときから、もうそれはいい...って。

喪失感

監督の死をどう乗り越えたか

考えない。冷凍庫に入れる。その気持ちは。イメージです。悲しいとか辛いとか心細いとか、そういうの全部言わない。冷凍庫の中に押し込んで、冷凍さす。前向く。そうでないと子供もまだ、二人いますから。それはそれ、これはこれでやらないとダメでしょうねえって、自分で思ってるんですよ。もう仕事決めてましたから、次の。あたしが主役の連ドラで。シングルマザーで、お嫁に行ったその日に旦那さんが亡くなる設定なの。なんか合いますよね。大山勝美さんがプロデューサーで。やめて降りてもいいっておっしゃってくださったんです。でもあたしやります、って。女優だから約束しましたからやりますって。それが良かった。その選択が良かったんだと思います(やめて家にいたら)危ないです。やるって。
※98年「飛んで火に入る春の蝶」
飛んで火に入る春の嫁 - Wikipedia

記憶の中できらめく曲は、ジャン・ピエール・ランパル「フルート・ソナタ」一緒に行ったコンサートを思い出す
今心に響く曲「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」リー・ワイリー

伊丹十三記念館、行ってみたい。

関連

この他にもまだまだおすすめしたい本があるのです「お葬式」日記、女たちよ!とか。

伊丹十三の本

伊丹十三の本

  • 発売日: 2005/04/21
  • メディア: 単行本
ケトルVOL.47

ケトルVOL.47

99年の雑誌「昭和平成 華麗なる結婚」より。1969年の元旦、初詣が結婚式。作家・山口瞳氏の自宅で三々九度の祝福を受けた、とある。豪華な婚礼衣装の写真が多い中で目を引く。伊丹さんは壁ドンではない。いいなあこの写真。


CMその他
88年。平成教育委員会でよく流れていた

ツムラ 日本の名湯 CM 1988 伊丹十三・宮本信子

パンの耳、邪険にしてるでしょ。87年

いいなCM 味の素 マヨネーズ 伊丹十三

89年。スウィートホームファミコン化「日本映画の面白男・伊丹十三が...」

[CM] CAPCOM / スウィートホーム The Famicom (Long Ver.)

ローカル。一六タルトでいちばん笑ってしまったCM

伊丹十三 一六タルトCM

89年。30年前、日曜夜7時半が楽しみだった番組。

テレビ探偵団 伊丹十三 1989 01 15

世界の哲学者に人生相談 PTA、地域活動が煩わしい ハンナ・アーレント 天野ひろゆき

PTA、地域活動を前向きに

小学校では地域のイベントやPTAなど、半ば強制的に参加させられます。
でも私は知らない人と無理に合わせて活動することが苦手なためとても気が重いです。どうしたらPTAや地域の活動に、前向きな気持ちで参加することができるでしょうか

人との付き合い方で悩む

2019.7.5人生案内「1対1なら気軽に話できるのに、3人以上になるとどこで言葉を発していいのか考え込んで遠慮してしまい、ほとんどしゃべれない。相談したいことがあっても、話は途中で遮られ、聞き役に徹してしまう」
海原純子先生の回答は「コミュニケーションはキャッチボールのようなもの。あなたが投げ返さないと相手は会話が止まらないよう、投げ続けるしかない。あなたから相手に会話を投げかける能動的な姿勢を訓練することが大事」とあった。
ハードルが高い。
知らない人と無理に合わせられない。自分も同じで、前向きではなかった。特にPTAは誰と一緒にやるかが一番大事。一度だけベストメンバーだったが、あとはほとんど後ろ向きだったしずっと聞き役だった。

ハンナ・アーレント

ユダヤ系政治哲学者

公共について研究。小川先生も公共哲学が専攻。
26歳の時、ヒトラーが政権を握る←個人は全体に従うべきという「全体主義

アトム化は危険

アトム=物質の単位「原子」哲学の概念:分別不可能を最小単位
市民一人ひとりが原子。かたまって分子になる。アトム化は人々が完全に孤立した状態。話し合いがなく思考停止してしまう。悪いことだと思わず素直に従う。

公共=同じ気持ちを共有している人の集まり、組織をまとめた表現した言葉。権力が健全になるように公共がある。

小川:行政て何でもかんでもできるわけじゃない。気づかないところもある。災害なんかすごく困るじゃないですか
天野:少しぐらいはグループを組んで、コミュニティ持ってたほうがいいんじゃないですか。人との関係をわずらわしいと思っちゃってる流れだから、この方みたいな悩みがすごく理解できるんですが、煩わしいと言って孤立化すると、いざという時の対応が、個人で悩んじゃって思考停止に陥るような心配もあるから、もしもの時にはやっぱり何人かの公共の場に出とくことが必要かなと

高田:この人がどうしたら前向きな気持ちで参加しようと
天野:前向きな気持ちで参加することができるかと聞いてる時点で、前向きじゃない(笑)
小川:お悩みの人も「人に無理に話を合わせるのが苦手」言ってたじゃないですか。確かにね、人に無理に合わせなきゃいけないって嫌なもんですよ。気ぃ使う。そんな場には誰も行きたくない。だけどアーレントは、話を合わせるのが公共だとは言ってないですね。本当の公共はそれじゃない

市民が自由に意見を出し合う場こそ、公共のあるべき姿だと説いた。

公共の成立条件

複数性.....人数ではなく、様々な立場の人から多様な意見が出ること
適度な距離...親しくなりすぎない
属性を脱ぎ捨てる....地位や肩書きを脱ぎ捨てる。マウンティングしない
公共は本来の自分が現れる場所

自分自身が誰であるかを示し、身をさらす勇気がなかったら、現れの空間を作ることは不可能である

いやもう、哲学を用いるのは理想であって現実は難しいよ。