別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

ファミリーヒストリー 志村けん いかりや長介のメモ

志村家/甲州志村一族がルーツなのか

志村作右衛門(本家)

村民同士の揉め事を調停したりした。村のリーダー、名主。
祖先は武田信玄に仕えてたかもしれない。

志村六太郎(けんの曽祖父)

車大工。長男は継がずにもともとの家業である農業に従事するも、昭和5年、昭和農業恐慌。

けんの父 憲司

農業を手伝いながら勉強。豊島師範学校へ入学。柔道部入部。決勝戦まで残ったことも。戦地に行くことはなく、教師として尋常高等学校へ。
小山和子と結婚。家では気難しい父が、雲の上団五郎一座を見ながら大笑いすることもあった。バイク通勤の帰り道、後ろから来たバイクと衝突。全身打撲と骨折で入院。3年後自宅でけんに突然「どちら様ですか」食事のあとも「飯食ったか」....脳内出血による記憶障害。47歳で休職。入退院を繰り返す。

康徳(けん)

昭和25年誕生。徳川家康のように立派な人間になるようにと名付けられる。
ビートルズのチケットの話「あいつ今何してる」でもやってた。
www.hochi.co.jp
志村けん、ポール・マッカートニーのコンサートを熱~く語る。「夢のような時間だった」【志村けんの夜の虫】 - YouTube
ザ・ビートルズ 日本公演 前座全長版 ザ・ドリフターズ 内田裕也 - YouTube

高3で上京を志す。父が徘徊するようになり、世話を押し付けていいか迷うものの、親兄弟の賛成もあって家を出る。ちなみに「志村けん」の「けん」は父の名から。
昭和48年、父54歳で死去。ドリフに入ったことはわからないまま。

いかりや長介

最初の印象....怖いですね。顔でかいし。
2003年、頸部リンパ節ガン。観客の一人として志村けんの舞台を見に行っていた。自分の人生の最後の締めくくり、行脚という感じ。
亡くなる前に走り書きしていたメモが見つかる。
オッス、八時だよ、だめだこりゃ、など往年の決めセリフと一緒に「加藤 志村がえらい」と書かれていた。

※KIRINラガーのCM好きだった
いかりや長介 - YouTube

さいごに感想

甲州武田とか由緒正しいルーツの話がいかりや長介とのエピソードでほぼ飛んでしまった。長さんに持ってかれた。

荒井注は体力の衰えを理由に脱退したのか。ジスイズアペン。なんだバカヤロー。最後の挨拶のシーンはかろうじて記憶にある。昭和49年のことなのな。すわ親治懐かしい。ダンディや。
なかなかブレイクできないことに責任を感じていた長さん。

東村山音頭は母和子さん(2015年死去)が好きだった。この曲で勝負に出た。いっちょめいっちょめ、ワ~オ!下校中歌う小学生と同世代。1976年。
ami-go45.hatenablog.com

NHKで全員集合やらヒゲダンスが流れるとチャンネル間違えたような気分になる。唐突にデンセンマンの電線音頭が流れた時も同じ気持ちになった。

ふと思い出したので
志 村 け ん の だ い じ ょ う ぶ だ ぁ 加トケン牛乳コント - YouTube

志村けん―わたしはあきらめない

志村けん―わたしはあきらめない

広告を非表示にする