別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【ふりかえり】ソナチネ、バイプレイヤーズの大杉漣さん。

ソナチネ(1993)

北野武監督との出会い

僕はオーディションというのは今まで受けたことがなかったものですから
どういうものなのか全然わからない。
入ったら本当に一瞬だったんですけど、監督のたけしさんがいらして
ちらっと見ただけだったんですね
別にセリフを読んだり芝居をやってみたりというのが全然なかったものですから
後で(合格の)連絡いただいて。
どうして僕なのかとたけしさんに聞いたことはないですけど、きっと目つきが悪かったりですね、
海千山千でどこのもんだという感じがあったのかもわからないですけれども

徹子:映画200作品に出演して、ほとんど違う役なんですって?

そうですね。全部違う役です。映画の中で僕を探すのが楽しみになっているというか、ウォーリーじゃないんだって
(2000年2月 徹子の部屋

たけし「ギャラ上げるからずっと出て欲しい」

北野さんに「そこにいて」って言われたんですよ。役者って、思うんですけど、「そこにいて」って言われた時にどう居ようかって感じる。
太田(省吾)さんが言ってたのは「何かをやることではなく、舞台に『居ること』を目指して欲しい」
「そこに居て」っていう北野さんの言葉のあり方。すっごく嬉しい言葉だったんですよ。
ほかに類を見ない、独特の北野組の現場感。ぼくにとって、とても大きな引き出しになったのは事実ですね
(2016年放送 BS朝日 ザ・インタビュー)

ブルーリボン主演男優賞授賞式で
滝田洋二郎監督『連続強姦』でピンクリボン主演男優賞もとってるんですね。
ピンクとブルー、二つのリボン賞を獲った俳優は、僕だけなんじゃないかと(笑)」

追記 2018.2.25

ぴったんこカンカンのVTRも流れた。大杉さんのギターで「浅草キッド」、たけしが歌った。
たけし、生放送で涙 大杉漣さん急逝後初めて語る「俺が生かして俺が死なせたみたい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

映画監督、北野武。

映画監督、北野武。

バイプレイヤーズ

いつものように見ようとしたら

2018.2.21の夜、先にtwitter開いたら訃報が飛び込んできた。何しろ放送される1時間前である。
始まってもドラマの内容が全然頭に入ってこない。こんなタイミングは初めてだ。

×大杉蓮 ×大杉連 ○大杉漣 ※石橋蓮司さんと混同しがち


#3のシークレットゲストが平泉成なのも泣けてくる。ドラマの最後のテロップで知った人も多かろう。

しかもこのシーンでニュース速報流れたんで一瞬びびった(女子団体パシュート金メダル)

大杉:元気そうで....成さん、どうしてここに?
平泉:ああいやいや、今回島のおじいさんの役でキャスティングされたもんだから
大杉:ああ、そうですか。じゃあ、また成さん、あらためて
平泉:聞いた。海辺の廃屋で、質素な生活してるそうじゃないですか
大杉:ああ~...
平泉:あのさ、ドラム缶のアレ、入りたいんですけど。
大杉:あああれ、気持ちいいです。よかったら来て下さい
平泉:新藤兼人さんの映画で「裸の島」ってあったでしょ
大杉:なんすか?
平泉:裸の島
大杉:あああります。見ました観ました
平泉:見たァ?
大杉:観ました。いい映画です
平泉:夕日見ながら
大杉:ドラム缶
平泉:ねぇ
大杉:有名な
平泉:あの...
大杉:成さん、その話いいんだけど、今度ゆっくり、ゆっくりでいいですか?
サッカーの話もまたゆっくりしたいんで。俺好きだけど、また今度ゆっくり。ちょっとごめんなさい。すぐまた戻りますから
平泉:ごめんねえ

今度っていつだよ...永遠に来ないじゃないか

関連記事

松重豊さんとの出会いは「地獄の警備員」
ami-go45.hatenablog.com
ソナチネ
ami-go45.hatenablog.com

大杉漣 BAND / 日曜日よりの使者 - YouTube
いいなCM サントリー ウイスキー ホワイト 大杉漣 - YouTube

2週連続ピタリ賞の過去を持つ「ゴチになります」今日(2018.2.22)予定通り放送。

最後いい顔してた。連続自腹やったけど

追記

アナザースカイも予定通り放送。7年前、日韓合同舞台のために滞在していた韓国へ。

ゴチになります」やらせていただいて1年経つんですけど、ちゃんと言えたっていうことが1回もないんです。あるとき思ったの。「言えなくていい」って。僕ほらサッカーやってて、おんなじことで必ず笑いが出る。周りで聴いてる人は全然面白くないんですよ。どこにいてもそうやって過ごしている。

バイプレイヤーズ最終回。大杉漣記念館...

みなさんお疲れ様でした。僭越ながら島おじさんと島の5人を代表して、少々長くなりますが手短に言わせていただこうとおもいます。
島おじさんという役は、メインを支える脇役の、そのまた脇役であり、目立つような役では決してないと思って、脇の脇に徹してきました。
最初はあまりの出番の少なさに不満もあったけど、望まれた役をやるのがバイプレイヤー。
今までは、元々の役でなくてよかったと思うぐらい、終わってしまう寂しさがあります。
立山のシェアハウスから始まり、なんだか島ハウスはみんなの憩いの場。ふるさとみたいな感じがして、嬉しかったです。
また同じ面子、同じスタッフで、面白いことをやりましょう。
えんちゃん、トモロヲくん、松ちゃん、研ちゃん、ホント楽しかったね。島おじさんは今日で終わるけど、僕は最後まで残って、スタッフの手伝いをさせてもらいます。みんなに恩返しができるよう頑張るのでよろしく。
思えば、島に着いたときはサルに襲われて...

広告を非表示にする