別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

あるある晩餐会 相撲界の裏方さん 行司木村銀治郎 呼出幸司 邦夫 石浦 十両山口

行司

軍配差し違え

切腹する覚悟を示すために短刀を持っている(本物)
・理事長に進退伺を出し、判断してもらう
・行事は土俵で不安な表情を見せてはいけない

木村銀治郎:「あの表情はいかがなものか」と注意は受けます
呼出幸司:力士に「どうでしたか?」聞かれるんですよ。答えようがないですね
呼出邦夫:「よく見えなかった..」っていいます
十両山口:不安なんで呼出さんにすぐ聞いちゃいます。勝ったって言われたら
     「もういっちょやらしてくれ!頼む頼む!」
・負ける力士しか見ていない。どっちが先に負けるか
木村銀治郎:宇良というトリッキーなちっちゃい力士がいて
      「たすき反り」珍しい決まり手で。
      十両以上で初めて出た決まり手。
※天風が土俵に転がっていって。後でVTR見て知ったのだそう

行司になるには

行司も相撲部屋所属。
定員は相撲界全体で45名。空きがないとなりたくてもなれない。

8階級

現在、木村庄之助は空位。
序ノ口格~序二段格~三段目格~幕下格~
十両格~幕内格~三段格~立行司

上にいかないと大関横綱を裁くことはできず
最高位までは40年以上かかる。上のランクの衣装は1千万。

幕内格の木村秋治郎が好きだな。

行司の仕事

・相撲字が書けないと行司は務まらない
太く書くことで力士の力強さを表す
隙間が少ないのは大入り満員を願う、縁起担ぎ。
・番付表や取組表を手書き
・取り組みの時間調整を行う
・断髪式を取り仕切る

はなわ:(琴欧洲の時)後の方だったんですよ。アイウエオ順。
    どこを切るか分からなかったら勘太夫さんがちっちゃい声で「左下」
断髪式のハサミは日本相撲協会に寄贈。

・巡業や場所移動の列車や船の手配
最高位の行司はやらない

銀治郎は鉄オタ


呼び出し

呼び上げの不満
2文字の力士は正直呼びにくい
節がつけにくい
※「あ~~~び~~」とか「う~~~ら~~」
「ら」を先に言うと後がもたなくなる

・いつも左手にカンペ
・神聖な土俵や力士につばをかけないため、扇子を持っている
・間違えたらやり直し

東と西を間違えたり

太鼓・呼び上げ・土俵作りが三大仕事

・土俵作り

年6回、呼出総動員で3日かかる。
固めるのに機械を使わず専用の小道具を使用
出来上がったら土俵中央に仕切り線をペンキで描く
コンサートなどの時は地下に収納

相撲部屋の土俵の稽古場は力士の協力を得て制作
幸司は浅香山部屋所属。

呼び出しの格は行司同様年功序列

・懸賞旗は呼び出しが持つ
・力士に力水やタオルを渡す世話
・審判親方の世話
・土俵を整える
・塩の管理や制限時間を伝える

注目の取組は花道でこっそり観戦
※いっぱいおるやん

・場所に持っていく荷物の確認
・太鼓

最初は先輩が口で教える
はね太鼓/当日の全取組終了、翌日の興行を知らせる
相撲初日と最終日前日は触れ太鼓

懐かしい

平成24年大相撲九月場所ふれ太鼓「葵丸進」 - YouTube

床山

1日1回、お昼に力士の髪をゆいなおす
1年でちょんまげ、5年で大銀杏

手先が器用なだけでは務まらない。歯を使うこともある
髷の先端を揃えるのが難しい。先端が揃うと綺麗に見える。
髷棒で銀杏形を作る。ピアノ線を使う場合も。
一等床山から五等床山特等床山まである。
勤続20年で二等床山。特等になるには45年以上かかる(定年間近)

・力士の裏事情に一番詳しい
力士との距離が近いので階級に関係なく髪を任されることも
毎日一緒にいるんで、親兄弟の名前も知ってる
力士はちょんまげをゆうと急にモテる

石浦:声をかけられる回数が増えました
山口:ゼロから2に(笑)

二日酔いで髪を結うとえずく

びんづけ油の匂いと体重で
タクシーの乗車拒否にあうこともある。

千代の富士はポケットを破って床山さんのおでこに貼って笑っていた

給料

同い年でも先に入門したほうが先輩
heikinnenshu.jp

え?懸賞金て若貴ブームの頃より多いんだ

懸賞旗は1本62000円、そのうち力士当日の手取りは30000円

十両・山口

十両から塩を撒ける。気合入れてまいたら上まで行っちゃって
 (自分が)かぶるしかなかった。
相撲中継でカメラにGOODサインを出したが
「バレなかったっす。 結果残したかった」

結構面白かった
石浦あんまりしゃべらなかったけど山口面白すぎ。


ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com

広告を非表示にする