別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【感想つき】#あさイチ いじめ後遺症 長尾圭造 自責の念と自尊感情 NGワード 友田明美

いじめ後遺症とは

苦しみが大人になっても続き、日常生活に支障をきたす。
うつ病・対人恐怖症・摂食障害精神障害を発症することもある

アンケートの声

47歳女性:あれからずっと自信のないまま、この年齢になってしまいました。
     きたない、バイ菌と言われ続けていたので
     自分の体臭が異常なほど気になっています。                

40歳女性:男子から容姿について毎日罵声を浴びていたので
     今でも全く近づくことができない。
     パニック障害になり、引きこもり生活を送る。                 

37歳女性:今でも自分に自信が持てず、私の行動や存在が
     人に迷惑をかけている気がして怖いです。
     気持ちが不安定で精神科に通っています。

51歳女性:自尊心が低い。自信が常にない。だからいつも人に偉そうに言われる。
     人付き合いが下手。離婚もしたし欝にもなった。どこにも居場所がない。

他にも「人の顔色をうかがってしまう」「男性恐怖症」
   「陰口を言われていると思い、心から人を信頼できない」
   「我が子がいじめられているのに当時の記憶がよみがえり、毅然とした対応ができない」

高齢者になってもずっと引きずってしまう。
直接の取材や電話でのやり取りができず、メールでのやり取りになった経験者も。

長尾圭造さん

根治療法

長尾:来られたら「いつからですか?」と聞きますよね
  「高校生、中学生の時はどうだったんですか?」聞いていくと
  「そういえば...」だんだんだんだんとその時は忘れてるけれども、
  また何かあるごとにですね、不安が強くなるということはよくある。

イノッチ:対人恐怖症やうつ病という名前が付いてしまうと、それが原因で大変なんでしょ?
     というふうに思いがちなんだけど、そのもっともっと前が原因とは思えなかったり
長尾:スタートは、だいぶ先にあるんですよね
柳澤:そんなことは夢にも思わず、長尾さんの所に来るわけですね?
長尾:はい。結びついてるから、さかのぼっていって、元から。根治療法ですよね。
   元から少しずつ治していかないと、結局そこだけ治まっても
   また次似たようなことがあると、またぶり返してくる。

自責の念

いじめは人間関係でできますので、軋轢(あつれき)から起きてるわけですね。
関係ですから、自分にも何か非があると。
火山の爆発とか大災害起こそうと思っても起きませんから、関係ないわけですね。
でも人間関係ですから、急にいじめだけが起きるわけじゃないです。

ひょっとしたら自分が悪かったんじゃないかと思って、自分を責めるんです。
そういう思いがどうしてもついてくる。  
自分が悪いと思うからなかなか人に言えないわけです。
いじめられてることを親や先生に言わない、ひとつの背景ですね。
悪いことを言いたくないでしょ?
言い返すことをしてたら喧嘩ですよね。そうすればいいかどうかは別にして
いじめる子は攻撃的で支配的な子。いじめられる子は受身的で優しい。
家でも、親切にしなさい、迷惑をかけちゃいけないよ、
人のためになることをしなさいとしつけられているんですね。 

自尊感情

社会生活してますから、例えば学校生活とか地域の生活の中で
うまくいってるかどうかと。
自分はうまくやれてるかどうかが自尊感情ですね。
いじめられてると、まず自尊感情がダメですから。
物事に集中できないと学校の宿題もできないとか、親の言うことも聞くん嫌やなとか
思うとだんだん物事ができなくなる。そうすると達成感もダメになる。
自分の評価が落ちますよね。

治療法

単に出来事を覚えている。
知識としての記憶ではないんです。
コロンブスがアメリカ大陸を発見したというようなのとは、意味が違う。
出来事そのものが蘇ってくる。30年前が現在も引き続いているんですね。
治療法はあります。過去の出来事が冷凍保存されてるようなもんですから。
なんかした瞬間に解凍して、ぽっと出てくる。
「あの時ああいう出来事があったな」というのを受け止めて
「自分はこういう風に思ったけど、相手は事情が有ったんだな、悪意はなかった」
10年20年経つと、人格的にも成長しますから、
「あの時はこう思ったけど、今思えば違うんだな」と加工ができれば、だいぶ前進しますね。

NGワード

そんなの気のせいよ
あなたにも悪いところがあったんじゃない?
本当のところはどうなの?

友田明美さん

言葉による暴力、体には傷をつけない心理的ないじめ体験でも
脳が少なからず変化することもありうる。
暴言虐待を受けた子どもたちは、聴覚野の容積が14%増加。
人の声が入りづらくなる。対人関係に支障をきたす。
「これ以上ストレスに耐えられない」という脳の防衛本能かも知れない
言葉の暴力を入れたくない、悲しい脳の適応かもしれない。

厳格な体罰を受けると感情や思考を司る前頭前野が19%減少。

癒されにくい心の傷が脳に刻印されてしまう。
心療内科で適切なケアを。

感想

自分も時折当時の出来事を夢に見ることがある。
せっかく忘れようとしても小5や高2の頃に引き戻される。
大人になってもママ友いじめがあったので早く忘れたい。何がママ友だ。
自分の中から1978年、84年、2005年~6年、2011年を冷凍したまま捨てるぞ。

「いじめたかもしれない」加害者からメッセージは来たのか。罪の意識、深層心理を知りたい。
いまさら謝ってもらってもという気持ちはある。
ただ、すべての原因が自分にあるとは、思わないようにしている。
ちょっとは図々しくなれたかも知らん。それは息子のおかげ。

つらさをしのぐためにキャベツを4玉分刻んでた方がいたけど
そりゃリストカットよりもはるかにマシだが千切りキャベツはどうするんだ。

録画してでも見て欲しい。特に教師は。
月曜の朝だけど夜にクロ現あたりで取り上げるとかな。

受け止め方の違い、問題解決力が必要に。

子どものうつ病 その診断・治療・予防

子どものうつ病 その診断・治療・予防

いやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳

いやされない傷―児童虐待と傷ついていく脳

広告を非表示にする