別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

SONGS  桑田佳祐 落語でいざなう桑田ワールド 波乗亭米祐

あなたへの手紙

米祐の夢

カツラにティッシュでお馴染み、茅ヶ崎萬秘改め波乗亭米祐でございます。
米祐べいすけベースケと繰り返してまいりますと、ワタクシの本質が見えてまいりますけども。海の近くで育ったせいですか、大きくて優雅に泳ぐクジラが好きですね。クジラ、潮吹き。ね、米祐でございますけども。便利な世の中になりましたね、メール。ホントにピュっと飛んでいく。ワタシは下ネタやらないんだけども、ピュっと飛んでいく。
しかもピュっと速い。ピュっ、ピュっ、アン、アン。ピュっ・・あ、もう終わったの早いわね。

メール全盛の時代でございますけれども、ワタシ、郵便の方が好きでございますからね。郵便受けを覗くのがね。
好きでね、あ、これ、なんだよこれ..桑田佳祐殿..
今時なんだかいいじゃない。これどなたですか、って
佳子?ヨシコとも読むのかな?ケイコと言えば藤圭子
宇多田ヒカルのお母さん、綺麗!
あたしほんとね、藤圭子が好きでしたね。

夢かうつつか 勝手に夢見て

思うんですけどね、思春期ってのは、なんであんなに考えすぎちゃうのかな
「あ~、こんな好きなんだから、気づいてくんねぇかな~」
「はぁ..意外ともしかして向こうも俺のこと好きなんじゃないの?」
「だけどあの娘も恥ずかしいから、俺に対してツンケンしてんじゃねぇの?
 わざとだよ」
思い込みはほんとに怖いですよね。そしたらある日ね、放課後教室で、
たった二人きりになっちったの。「ね、桑田君、桑田君」キタキタキタ!
桑田くん!こんな中学生いないよね「左の方から吸って」
あたしは悩んだけど、惚れられてるな
「言わないで」
夢が覚めてしまう

曲:あなたの夢を見ています

好きです、好きです、ヨシコさん~~
先代の三平さんみたいですね
昭和は不思議な時代でしたね。
三平師匠にさっき言った藤圭子さん、アグネスチャン、クールファイブなんて
みんな一緒に出てたんですから
家族みんな団らんで一緒になってテレビを見てたんです。大衆文化。
あとお祭りね。縁日。てんつくてんてん、見世物小屋

興業主:
身の丈六尺の大イタチ!
近寄ると危ないが今日見ぬは一生の損!
さあさ入った!お代は見てのお帰りだ!

入ってみると大きな板があるだけで、イタチなんかありゃしない
「ごらんよ真ん中に。血がついてるだろう?」
大 板 血
「倒れると危ないから近寄らない近寄らない」
帰り際言ってやりました。
「おじさん、危ないからあの板ズラしますか?」え?なんだこのガキは
「いたずらしますか」

曲:悪戯されて

メンチカツ定食

こないだ頼んだんだけど、いくら待っても来ないから電話したの
蕎麦屋さんみたいに「あぁ、今出ました」言われるのかなと思ったんですけど
聞いてたら「メンピンドラ3満貫!」
メンピンドラ3満貫だと?お前、麻雀してる場合かよ!
俺のメンチカツ定食はどうしたんだ!
「あ、いまあがったところです」
思わず、食べてもいないのに、うまいって言っちゃいました。

曲:メンチカツブルース

あなたへの手紙~明日へのエール 未来へ~

拝啓 お元気でいらっしゃいますか
私はいまこのまま突き進んでいいのか悩んでいます..
好きなだけじゃダメだって思っています..

いや、あんまり本気になられてもな
俺もね、妻子があるんだ

だからこそ、44年後のあなたに聞いてみたいのです
どんなことがあって どんな風に驚いて
どんな風に乗り越えて どんな恋をして
どんな大人になっているのか
きっと誇れる自分がいる
そう信じて今日は寝ます

44年前の桑田佳祐より

オチがさすが。(以下略)
紅白といえば三波春夫をやったの思い出すが
もう出ないのかな。

広告を非表示にする