別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

ザ・世界仰天ニュース 幻覚・幻聴 統合失調症 最新治療法 中村ユキ

聞こえてくる謎の声

母が壊れていく

中村ユキは1973年生まれ
母ひさ子は慣れない土地での子育てと厳しい姑、ギャンブル好きで家庭を顧みない夫と暮らす。
27歳で突然「死んじゃえば」「隣の嫁はダメだね」「もうとっとと消えちゃってよ」「こっち見るな」など幻聴に悩まされるように。

※幻聴の中に「うざい」というのがあったが 当時そのフレーズはなかったのでは。

夫も酷い奴だ。やがて母は一人千葉の実家に帰されたが、娘のユキも一緒に住むように。娘の手を取り外へ「目をつむって歩きなさい」

精神科の隔離病棟へ

統合失調症と診断される

100人に一人。昔は「精神分裂病」と言われていた。母はリハビリや向精神薬で改善を試み、1ヶ月ほどで退院できた。
夫と3人でアパート暮らしを始めたが、ギャンブルをやめる気配はなく、ストレスで不安を抱える。パートで家計を支えたが、薬の副作用で倦怠感がおき、服用をやめてしまった。

ユキ10歳の時目覚めると「殺す」と包丁を突きつける母。正気に戻ってもやがて酒を飲むように。穏やかな表情はなくなり包丁を手にうわ言を繰り返す。ユキに危害を加えることはなかったが、家は戦場のような状態。

自分がいついなくなってもいいように、と、母は預金のおろし方や生活の術を教え始めた。

17歳で両親が離婚。

月に1~2度豹変することを”まつり”と呼んでいた。
急性期
休息期・消耗期

症状のパターンが増え、回復に時間がかかるようになっていた。妄想の種類も増えた。幻覚も頻繁に繰り返されたが、体調がいい時の母は仕事を続けていた。口癖は「消えたいね」

ユキの唯一の楽しみはマンガを読むこと。高校卒業後デパートに就職したが、マンガ家になるため3年後退職。

再入院

家に帰ると母の独り言「消えたい消えたい..私が全部悪いんだ..」トイレの洗浄剤を飲みこもうとするなど自殺行為を繰り返す。再入院。

ユキは漫画のアシスタントに。1年後、退院した母は向精神薬の影響でふっくらとしていた。地域生活支援センターに通い始める。

※自分を守ることで精一杯なのに、親の薬の適量まで把握できないよな

2013年、誤嚥が原因で死去。

磯ヶ谷病院

電気けいれん療法(全身麻酔で恐怖感を和らげる)筋弛緩剤を投与し、患者に合わせた電気量を7~8秒流す。無痛。治療後はすっきりした気分に。

不眠がきっかけになる。
ストレスは伝染するんです
言葉や態度など。家族は一緒にいる時間が長いから
ストレスをためないことが大事。

精神疾患は環境が大事。家族みんなで学んでいくこと。

ん~最新治療法はもうちょっと紹介して欲しかった。

わが家の母はビョーキです

わが家の母はビョーキです

広告を非表示にする