別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

久米書店 midnight ~夜の本の虫~ 専業主夫になりたい男たち 白河桃子

少子化ジャーナリスト

白河桃子さんとは

少子化ジャーナリストとは」で検索するとトップに出てくる人。
なぜかよしもとクリエーティブエージェンシー所属。
経済産業省「女性が輝く社会のあり方研究会」委員
母親は専業主婦だった。
2008年山田昌弘と共に「婚活」を提唱し翌年まで新語・流行語大賞にノミネートされた。
応援メッセージ - 少子化対策:政策統括官(共生社会政策担当) - 内閣府

専業主夫の実態

まだ11万人だけど

※11万人の夫が妻の扶養に入っている。
久米:小島慶子さんも僕の知り合いなんですが、身の回りに
   戸籍上の夫が全部を引き受けてるのが、彼女を含め3人います。
白河:分かります。この業界の周りは(主夫が)多いです。
久米:僕の周りに3人ってことは11万人ってのは法的な数字だから
   籍を入れないとかいう人たちを数字に入れたら、倍になると思いました。
白河:もっといると思いますね
久米:すごいことが書いてあるんですが、これだけ聞くと暴論のように聞こえるんですが

女性の管理職を3割増やすなら、
男性の家庭進出も3割増やすべし

久米:政府は、女性管理職を3割増やすのなら、そういう女性をサポートする人を考えなきゃ
   管理職は務まらないというのは正論だと読みました
白河:はい。
久米:11万じゃ到底足んないですね
白河:「秘密結社主夫の友」の顧問をしてるんです。やってる活動がまさに3割の活動なんです
   そこのスローガンなんです。去年は小島慶子さんが「主夫に理解ある女性」として
   主夫の友アワードを受賞されました。応援してくれる女性として。
   あと西島秀俊さん、柔軟剤のCMでエプロンをして主夫で出てるんですね。
   本人は来てらっしゃらないので看板で表彰させていただきました。
   男が家事をするって当たり前だよねってのを広める活動の一つ。
   もう一つはお見合い。主夫志望男子と働き女子のための婚活ワークショップ。
これか。うちは昔からソフラン
2篇 西島秀俊 CM ソフラン 「主夫、はじめる」「プレミアム消臭」 - YouTube
秘密結社主夫の友 活動内容
秘密結社「主夫の友」-NPO法人ファザーリング・ジャパン非公認組織-
秘密結社「主夫の友」! 野望は「2020年までに主夫を30%に」 : 大手小町 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

久米:妻の扶養に入ってるのは11万人しかいないけど
   男の扶養家族の妻は600万人いました。これはアンフェア。
白河:主夫と言っても扶養家族だけじゃなくて、
   主たる責任を持って、家事育児をする男はみんな主夫。
   兼業の人もいますし、中には「僕は社長だけど主夫宣言」もいるんですよ

久米:マメに家事をやるということですね
白河:そう。「家事を主とする」のが重要で。
   お手伝いして「やってるぜ」の方がいっぱいいらっしゃる
   それは女性にとってはすごい腹が立つ。
   もっと「主たる責任をもって自分ごととして、する人

女の人って、女子大生とかもそうですけど
自分は「年収1千万円の男と結婚して専業主婦になりたい」って平気でいうのに
「俺、年収1千万円の女と結婚して養ってもらいたい」っていう男性を
絶対に許さない。これ、不公平ですよね。
自分がそれを公言するなら、男性にも許せよと思います。
そしてもしそれを男性に許せないんだったら、
自分が公言することも疑ったほうがいいと思うんですよ。
       小島慶子 「専業主夫になりたい男たち」より

久米:男はちょっとやると「やってるぜ」って顔をするんですよ(笑)
   小島慶子はこの発言を持って、寛大だということで受賞されたんですよね。
白河:男のプライドが一番の問題。乗り越えたところに感動がある。
   最初は苦しくて、スーツを着て家事をしていた。
   スーツ着て買い物行くと、なんとなく途中で寄りましたって雰囲気が出るから
   そこが男のメンツなんですけど

久米:わかる
白河:彼はそこをパンっと超えて、奥さんも頑張って
   サラリーマン時代の年収を抜いちゃったと。
   この女性の健康とかに一生懸命気をつけてサポートした方がいいに違いないと
   ある日突然気がついて。「プライドは一文(いちもん)にもならない」

久米:僕はこの本でホントかなと思ったのは
   「専業主夫に育てられた子供は、皆活発でイキイキしてる」
   どういうことなんでしょうね?
白河:専業主夫だけじゃなくて、能動的に育児に関わるとどうなるか、という感じ。
   お母さんがメインで関わってるお宅が多いじゃないですか。
   でも関わる人が多ければ多いほどいいのが育児。
   お父さんも関わるのがいい、お父さんだけじゃなくて地域の人も
   仲間とかがもっと関わるといい。大勢の人が関われば関わるほど
   子供の社会性が上がる。もっと大勢の人が子育てをするイメージ。
   いわゆる「父親不在家庭」ってあるじゃないですか
   女性なので外でハードに働いていても、帰ったら子供がワーッと
   「ママー」ってくるし、産んだのは強いと皆さんおっしゃってました。
   だからママはママで存在感もしっかりあって、
   女性も夜遅くまで飲んで帰って、というのはないですね
   できるだけ早く切り上げて子供や夫、家族と過ごしたいと思ってる人が多い。
   全くの逆転、父親不在家庭の逆にはならないですね。
   そこはすごく安心してるみたいです。

主夫とヒモの違い

久米:女性の最大の問題は何ですか
白河:ふたりの合意によるものならいいんですけど
   例えば夫が「夢を追ってある日突然仕事を辞めた」
   「家事をやめて夢を追うから」って言った割には夢が実現しないし
   やってくれるんだけど釈然としない、
   自分が子育て大変で辛くてどうしようって時に
   手伝ってくれないでいきなり
   「おれ、夢追うから仕事やめる」
久米:最近多い「俺、起業しようと思うんだ」「ITの会社作ろうと思うんだ」
   フリーになって家にいるけど一歩も前に進まない・・かなりあるって言ってましたけど

白河:主夫として機能してくれればいいんですけど
   そうでもない人は困りますよね。ヒモというのは女のパンツの1枚も洗わない男。
   それでも養ってもらってるので。
久米:さすがですねヒモっていうのは
白河:主たる責任を持って家事をやるのが主夫。

女性が主夫を手に入れる時に気をつけること

おごらない
奢りすぎるとヒモになる
タニマチにならない
デートは居酒屋でもファミレスでも二人で楽しめる所に行く
いくらでもいいから稼いでもらう
感謝と尊敬を
プライドを傷つけない
3回褒める

柔軟な男の人を主夫に育てていく

人生案内 2016.11.19でも
「夫が趣味を生業に 生活費払わず」があり
趣味に月々15万円使い、多い時はひと月に10日以上欠勤。
趣味を極めるため、SEをやめて勝手に住宅を借り家を出てった。
生活費を一切入れず、妻が車を手放す事態に発展。
弁護士の土肥幸代先生は、一度話し合い
これから先、生活を共にできないのなら離婚を選択肢の一つにと回答。
こりゃヒモ以前に酷い話。

関連記事

今回番組ではあくまでも「主夫」について。

ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com
主夫について諸々の感想はお持ちでしょう。
ネットやデータは氷山の一角。参考意見の一つとして読むのが一番。
できない約束はするな。
togetter.com
マミートラック問題
時短勤務といっても、帰宅しても仕事やってたり。
マミートラックに乗らず"時短で管理職"に挑む女性社員「今できる最大限をやりたい」 | WOMenらぼ by enjapan

広告を非表示にする