別館.net.amigo

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

サワコの朝 春風亭昇太 笑点メンバーでイエローカードは

しょっぱなから座布団に座って

出囃子付き
落語家の春風亭昇太です
この手の番組に呼んでいただくとですね、だいたい
結婚する気がないのかとかですね
いつ結婚するんかとかですね
どういう人が好きなんだ、ですね
結婚に関する話題を割としつこく聞かれることが多いんですが

今日はちょっと安心してます
そういうことを言える立場の人じゃない(笑)

よろしくお願いします。

徹子の部屋の時は自宅公開だった。
 徹子さんは結婚に関する話題を割としつこく振っていたような

阿川:聞きますよ、聞きますよ、なんでしないのですか?
昇太:なんでしないのかと聞かれるとほんとに困るんですけど
   気が付いたらこんな感じだったということしかないんですね
阿川:もうすぐ「気がついたら還暦過ぎる」から大丈夫
昇太:ぐふふふふ(笑)

今日は佐和子さんの身長が高く見える。

笑点の裏側

難しいですね。言うこと聞かないんですよ。
歌丸師匠の時は番組の中で、歌丸師匠が一番の先輩だった。
だから、みな言うこと聞いてたんですけど
僕になったら勝手に話し合ったり、立ち上がったり
完全に学級崩壊な状態になってるんですよ

阿川:誰が一番態度悪いんですか?イエローカード出すとすれば

イエローの人ですね。自由なんで。

阿川:あの方は誰が司会だろうと自由でしょ?

ま、そうですね

阿川:一番カチンとくるのは?

そうですね、山田さんですね。
「持ってきて」とか言ってんのに「滑舌悪くて聞こえなかった」とか
時々反抗するんですよ。
アシスタントって、そんな、司会者に反抗しますか?
普通しないですよね。でもやっぱ山田さんも先輩だから。

ほんとにですね、笑点て、ずーっと、変わってないんですよね
やってること。ほかの番組はテレビの世界で進化して行ったんですよね。
笑点だけが進化を止めて、いつの間にかガラパゴス諸島みたいな感じになった。
他の番組ではないような不思議なモノだらけになってた。

阿川:最初は見慣れた動物だったのに、だんだん希少価値のある生き物に

コント赤信号渡辺正行さん、あの人明治大学落研なんですよ。志の輔さんの後輩。
歌丸師匠が降りるって世間に広まったら、昇太くん次誰やるの?って
すごくしつこく聞いてくる。
「わかった、僕、昇太さんから聞いても他の人に喋らないから」
そんなわけないじゃないですか。・・言わないのも辛いしね・・
言うわけにもいかないので、ヒントだけ言っとこうと思って
「渡辺さん僕は知らないんですよ。どうでしょう。笑点の司会って言ったらね、
 誰でも出来るものじゃありませんから。あのメンバーの中で、春風亭昇太がやるなんてことも
 あるんじゃないですか~」
渡辺さんが「それはないそれはない」(笑)かえってすごい腹たったりなんかして

記憶の中で今もきらめく曲

SHOGUN男達のメロディー

俺たちは天使だ!」主題歌。79年。なつかし。日曜8時の日テレ。
てっきりグループサウンズを持ってくると思っていたら意外だった。
その後「鉄腕DASH」ソーラーカーでも使われた曲。
 
youtu.be

大学の時にレコード買ったんですけど、迷うわけじゃないですか
噺家になって大丈夫かな、入門して本当に成功するんだろうかとか。
怖いわけですよ。その時ちょっと背中を押してくれた。

どうせ一度の人生、ってずっと思ってる。

落語家になるきっかけ

ラテンアメリカ研究部に入ろうとしたんですね。国の雰囲気が好きだったので。
行ってみたら誰もいなかった。
隣の部室の人が「今ご飯食べに行ってるからうちの部室に来ればいいじゃないか」
声をかけてくれて、入ったら、そこが落語研究会だった。
先輩たちがずーっと冗談ばっかり言ってんですよ。部室にあったお酒なんか飲んでたりして。
ゆるいんですよ。なんかこの人たちの方がラテンだなーと思って。
(落語を聞いたことは)なかったです。落語、僕には念仏としか聞こえなくて。
とにかく一度見に行こうと聞きに行った。そしたらすごい面白かった。
当時若手落語家だった春風亭小朝師匠だったんです。
落語っておじいさんがやるものだと思ってたんです。
おじいさんがやって、おじいさんおばあさんが聴いてるもんだと。
客席行ったら若い人もいるし。「愛宕山」って噺をしたんです。すごい面白くて。

学生落語の大会に出場して優勝したりなんかして。
大学4年生になってそろそろ就職を決めないといけない。何がいいかなと
落語やるようになって生の舞台が面白いことに気づいた。
面白そうだなと思う生のものはもっと面白いんじゃないか。
漫才組んだこともあります。テレビ番組にも出たんですね。(ザ・テレビ演芸
構成作家の方が僕の落研の先輩だった。その番組に出ろと。
そしたら優勝しちゃったんです。賞とかお金とか結構強いんです(笑)
いざコントなんかで一緒にネタ考えましょうっていうと、仲悪くなったんですよ。
人間関係大変なんだなと。(ケンカ別れ?)まあそんな感じです。
はたと気がついた。僕、落研なんだ。落語はひとりでやるから、煩わしくないんじゃないか。

阿川:結婚できない理由がだんだんとわかって(笑)

落語家に

阿川:売れるまで何年かかった?
昇太:意外と短かったです
阿川:あらごめんあそばせ。注目されてたもんね。

ラッキーだった。新作されてる方がすごく少なかったんですよ。
なので見つけられやすかったんですね。
春風亭柳昇師匠はすごくプロ意識の高い方で、とにかくなんでもやってみなさいと。
やってみないといいか悪いかは分からない。ダメだったらやめちゃえばいいじゃないかって。
実際「ストレスの海」をNHKの新人演芸コンクールに出ることになって
書き起こした原稿を読んだら、うちの師匠が首をかしげて
「あぁ~、ま、ま、初めてだから頑張ればいいよ・・」自信なくしちゃいますよね
原稿用紙に「こんな感じはどうだ」書き加えてくれて読んでみたら
面白くないんですよ。ええ、これどうやったらいいんだって。
でも師匠が目の前でやって見せてくれたら、面白いんですよ。
面白いとか感動するとかはどういう「言葉」じゃなくて「誰がどう伝えるか」なんですね。
今ちょっとイイこと言いました(笑)

前座の頃はやめようと思いました。自由にできないから。
当時、落語ファン=古典落語ファンだった。
結構口うるさいおじさんとかいっぱいいたんです。
若造の新作落語なんか大っ嫌いなんですよ。ほんとにネチネチ言われましたからね。
町内会のおじさんみたいのが来て「お前下手だなぁ」って
そういう人に水割り作る悔しさ。「円生師匠みたいになれ」とかね
「なんとか師匠みたいになれ」とかね
でも僕は春風亭柳昇が好きで入門したんですよ
一応ハイハイ言って、ハートの中はムラムラしてて。
師匠は「売れればいいんだよ」と言いました(笑)
売れたらそんなこと言われなくなるって。

落語 春風亭昇太 愛犬チャッピー - YouTube
春風亭昇太「ストレスの海」 - YouTube

弟子は9人。身の回りのことは自分で。

僕は僕でやりたいことがたくさんある。
落語家としてまだ過渡期なんで、君に費やせる時間はない。
僕は君を入れるのは嫌なの。
嫌なんだけどそれでもいいって言うんだったらいいよ、と。

釣りも好きだし。友達と船に乗って海釣り。
バンドもやってます。小遊三師匠と。僕はトロンボーン
別にグループサウンズのバンドも。
六角精児君と飲んでた時役者ばかりいたんですよ。
マッシュルームカットっぽいからバンド組んだら似合うぞって。
お城もボクシングも。
お城がない町はないんです。今想像してらっしゃるのはたぶん一国一城の・・

阿川:女の子と付き合ってる時に嫌なのはなんですか?

束縛されることですかね(爆笑)
僕は誰よりも自分が好きなんです。春風亭昇太ファンなんです。
昇太もっと幸せになって欲しい。

いま心に響く曲

もんたよしのり イエス・イエス・イエス

僕が今まで言って来たこと全部。

阿川:最期に残す言葉は?
昇太:あ~面白かった

もんたよしのり/桑名正博/塩次伸二/yes, yes, yes - YouTube

さいごに

昇太さんのサイン入り本を持ってる。木久扇師匠の落語会で笑点グッズと共に売ってた。

城あるきのススメ

城あるきのススメ

芸協音づくし

芸協音づくし


ami-go45.hatenablog.com
ami-go45.hatenablog.com

広告を非表示にする