別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【抜粋】SWITCHインタビュー 達人達 佐々木蔵之介×旅行家 藤原かんいち 未知なる自分を追い求める

ちっちゃいバイクは五感を刺激する

23歳で日本一周

行き先の方に雨雲が見えるんですね
雨の中を行くか 過ぎるまで待つか
こっちのほうが道が楽そうだけどこっちのほうが面白そう
毎回選択をしながら
人生と同じ。道に迷うことも楽しい。

ここまで行けるのかという好奇心、
チャレンジ精神みたいなものが加わると
ワクワクがもう止まらなくなる。

佐々木:いきなりこのバイクでですか?
藤原:最初は自転車少年。
   中学生ぐらいの時に「サイクル野郎」って漫画があったんです。
   高校受験に失敗するんですね。
   自転車屋の息子が日本一周の旅に出て行って。
   毎日知らない所に行って知らない人と出会って
   もうワクワクするんですよね。未知の世界が毎日続く。
   そういうことをしてみたいなあって。
佐々木:最初は日本一周。
藤原:そう。俺なんて世界一周行けないと思って。
   でも日本一周して、自分が見たい地平線はもう日本にはないことが
   わかって、海外に行くしかないと。
   好奇心。自分には何ができるのか、自分への好奇心があった。
   そこに行ったら自分はどんな反応をするのか。
   旅に出ると自分を知らない人ばっかり。そこで試されたり
   発見したりするので。
   きょうも、蔵之介さんを旅したいと思ってきたんです。

佐々木:仕事をやって、兄にマイレージをもらって、ロス行って。
    兄に「ロスは車社会やからレンタカー借りなあかんで」言われて
    英語もしゃべられんのにレンタカー借りて
    片道8車線みたいなところを「こわ~」言いながら(笑)
    降りたら降りたで後ろにパトカーが止まって降りようおもたら
    「降りるな」言われて。「何したい」「ここ行きたいんです」
    「連れてったろ」あとつけてもらったりとか
    でもその時やっぱり怖いけど面白い。
    一人でヨーロッパ、西よりもむしろ中央ヨーロッパ
    チェコとかハンガリー

藤原:砂漠とか何もないところに行くと、怖いけど落ち着く。
佐々木:シーンと、何も音ないから怖いですね。
藤原:360度の地平線に本当に行くことが出来て、涙が止まらないですよ。
   バイクを停めて、テントを張ろうと。半径100キロぐらい誰もいないところに。
   太陽が地に落ちて黒い地平線がワーッと浮かび上がって
   空が全部星になった。黒い地平線の向こうに星が落ちて。
   その時初めて、星の上に俺はいたんだと。空が宇宙だったんだと。
佐々木:感覚はそうですよね。
藤原:同じようにこの星を見ている人がいるかもしれない。
   それから考えが大きくなった。
   すべての風景、出会いが繋がって、今の自分がある。

旅行家を名乗る理由

佐々木:旅行が職業ですよね
藤原:自分で考えたんですけど、最初はデザインの仕事をしてた。
   サラリーマンをやってお金を貯めて旅をするを繰り返す。
   旅だけで全部を、生活・収入を完結できないか。
  ライターじゃないし冒険家でもない。旅人だと怪しい。
   旅行家ってなんか響きもいい。旅を伝えるのが仕事だし役目。
   何かの職業に自分を当てはめなくても、自分がそれをつくればいい。
佐々木:実際に行けない
藤原:行けるんですね(笑)ダメな理由を作れば、行けない。
   職業なんですけど職業でもない。
佐々木:原付で良かったこと苦しかったことは?
藤原:バイクだと基本的にバイクが走ってくれる。原付だと周りの人の顔が見える。
   どんな顔して畑仕事してるのか。少しづつ変化していくのがはっきりと体感できる。
   思い通りにいかないことがたくさんある。
   自分の見方や考え方を変えるしかない。


藤原かんいち ツーリング写真のコツ~その②道で撮影してみよう~
    
奥さんともツーリング。二人旅もまたいいと。

原チャリ野郎のハラペコ日本一周―74日間1万3390km8万5909円の旅

原チャリ野郎のハラペコ日本一周―74日間1万3390km8万5909円の旅

サイクル野郎 (1) オンデマンド版 [コミック]

サイクル野郎 (1) オンデマンド版 [コミック]

後半 役づくり

藤原:お殿様の役を作るとき、どうやって入っていくのか
佐々木:内藤政醇は実際の人物。架空とはアプローチがあるのかといったら
    原作を読むこともあるし、途中でわざと読まないこともある。
    戯曲だったり台本だったりするので、いろいろですね。
    俯瞰(ふかん)で、自分がどう見えているかを考えたり
藤原:自由ですね
佐々木:みんなやってること。最終的にどうやって話を進めてるかを考えてると思う。

※大好きな旅の話をしてる時はバリバリ関西弁全開で
 芝居の話は若干標準語というか、平易な言葉使いになってる蔵之介さん。
サイクル野郎 オフィシャルウェブサイト -ComicPark Special Vol.1


日野デュトロ ハイブリッド 佐々木蔵介助編

動く森 スコットランド『マクベス』紀行

動く森 スコットランド『マクベス』紀行

サワコの朝 佐々木蔵之介: .net.amigo

広告を非表示にする