読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

きょうの料理 土井善晴 冷やししゃぶしゃぶ 菊かぼちゃのしょうがそぼろ

土井善晴

後籐:暑い毎日ですね~夏ですもんね
土井:昔から日本人は生水を飲まないで、夏の野菜とか果物を
   しっかりとりなさいよと言われたもんですけどね。
後籐:野菜から水分を?
土井:そうそう
後籐:きゅうりって水筒みたいに吸ってたこともありました。
   

冷やししゃぶしゃぶ

暑い時は冷やしでしょ。
野菜もしっかり召し上がって。
しゃぶしゃぶはお肉をしっとりと仕上げること。

(2人分)
レタス 1/2個(芯にバラバラにならない程度に切込を)
にら 1/2わ(食べやすい大きさに切る)
ピーマン 2個
玉ねぎ(小)1個

※酒塩(さかしお)氷
氷適量 酒カップ1/3 塩小さじ1 

後籐:酒の苦手なお子さんは、酒を避けていただいて

牛肉(しゃぶしゃぶ用)150g ※1人3~4枚

ピーマンは軸を削ぎ、種はそのまま縦半分に切って
玉ねぎも縦半分に。真ん中に少し切れ目を入れる。
ピーマンと玉ねぎ、水カップ1/2をフライパンに投入。
蓋をして強火にかけ、強火で2分間蒸す。

生では食べにくいものは軽く火を入れる。
食べやすくなり歯切れも良い。
生のものを食べるのは胃に負担がかかるそうです。
ひとつの玉ねぎにいろんな味がある。

レタスも入れて1分間蒸す

酒塩氷の準備。

お湯の煮立ちを弱めたあたりで牛肉を1枚ずつ入れる
ええ塩梅になったところで酒塩氷につける

酒の働きでしっとりと肉が仕上がる。

肉を茹で終わった湯にニラを通す。
大きめの鉢に氷を入れ、ニラと茹で野菜を盛り
肉を広げる。

上にも氷を散らしておいたら子供も喜ぶでしょ

ごまだれ
練りゴマ(白)50g
砂糖小さじ2 醤油大さじ1 米酢大さじ3
水大さじ2~3

ポン酢醤油・大根おろし各適量

菊かぼちゃのしょうがそぼろ

生姜をきかせて、そぼろを煮絡める。
昔の日本画に出てくるようなかぼちゃ。
ちっさい可愛らしいものですよ。

4人分
菊かぼちゃ1個 600g
鶏ひき肉100g 新生姜40g
水カップ2
砂糖大さじ2 薄口醤油大さじ1
片栗粉大さじ1を水大さじ2でとく。

かぼちゃは切って種をスプーンでとり、皮も剥く。
(緑の部分を少し残すと、かぼちゃと心がつながる)
鍋にかぼちゃ、鶏ひき肉、新生姜(細切り)、水を入れ軽くほぐす。
砂糖大さじ2をいれ、落し蓋をして中火で4~5分間煮る

※鶏肉から味が出るので味は使わない

煮汁が減って柔らかくなったら薄口醤油を入れる

西洋カボチャはホクホクして甘い。
菊かぼちゃは水くさい。あっさりしている。

火を一旦止め、水で溶いた片栗粉を入れ、再び火にかける
とろっとした感じが周りにまとわりついたらできあがり。


NHKテキスト きょうの料理 2016年 08 月号 [雑誌]

NHKテキスト きょうの料理 2016年 08 月号 [雑誌]

広告を非表示にする