別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

SWITCH インタビュー 達人達 菅田将暉×板尾創路(抜粋)

用意したサプライズは、バーレスクの漫才。

板尾:まだ1年目。吉本風の2人。まったく同い年でコンビで頑張る
菅田:コンビ名なんでしたっけ?忘れた(笑)
板尾:もっと見てみたいなあ
菅田:しょっぱなの成宮寛貴さん、事務所の先輩なんですよ
板尾:それちょっと引っかかった?
菅田:あと、もともと数学の先生を目指してたんですよ。あのネタたまたまかな
板尾:すごいな。
菅田:いろんなことが気になって笑えなかった(笑)

笑いについて

菅田:こないだ松本人志さんにお会いしたんです。その時に「こんだけお笑いが好きなんです」
   話をさしてもらったら「なんでお笑いに行かんかったん?」言われまして
   その感覚は毛頭無かった。先天的にはお客さん。
板尾:おれ今でもそうやけど、永ちゃん大好きやん。昔やんちゃやった。ヤンキーだったから。
   CAROL時代から好きで、好きすぎて会いたくないのん。
菅田:すごくよくわかります
板尾:矢沢さんが段差でつまずいたりするの見たくない(笑)松本さんだけ?浜田さんは?
菅田:両方会いました
板尾:どうでした?まじまじと見て
菅田:すっごいかっこよかったです。優しくて。でも怖かったです。
板尾:芸人さんって怖いもんな
菅田:俺にとって怖く居てくれるのは嬉しいことでもあるんですけど
板尾:猛獣も怖いやん(笑)確かに猛獣やからな。上方の。怖いけど面白い
菅田:板尾さんも同じカテゴライズ。
   オモバカ。芸人さんたちが1分間ずつ笑わしあって対戦する・・
板尾:そんなんでたっけ
菅田:出てましたよ(笑)

これかな。原西と(switchではゴルゴと) 動画参照

板尾:涼しい顔してたと思うけど、頭ん中はものすごいフル稼働
   笑いに関して言えば、その時に出せる奴が強い。生のバラエティとか事前に考えようがない。
   そこで集中した時に、数十秒、数分しかない間にワーッと考えて
   半分苦し紛れみたいな バッと出たものって、新鮮さもあるしリアリティもある。
   そら、スベる時はとんでもない。そういうリスクもあるけど
   そこがすごく、笑いがいちばん輝く瞬間な気がする。誰も予期してない事を言える。
   とんでもない角度から球を投げれたり、とんでもない空気にさせるのはそういう瞬間。
菅田:どうやって考えるんですか?普段から?
板尾:うん。あまり俺ね、普段から・・ネタもそうやけど、アイデアを常に書きとめてストックしておいて
   何かやるってのが性にあってない。その時やりましょうってなった時に考えるとか
   現場行って考えるとか、じゃこうしよう、これどうっていう方が性に合ってる。
菅田:瞬発力
板尾:う~ん。うまくいけば瞬発力。ダメな時もあるけど、事前に考えるのが得意じゃない。
   何もしてないかっていうとそうではないと思うよ。
   無意識に生きている上でいろいろなものを見て影響受けて、頭の中で整理して残っていること。
   その時に今あるものをグッと出す。笑かすって難しいな。笑ってくれた相手を見てしまう。
   やっぱり笑ってくれないと。笑ってくれたらこっちも幸せになる。
   本能的にあるんでしょうね。だから人を笑かしたい。 気持ちいい。笑ってくれると。

板尾日記4

板尾日記4

悩み

菅田:寝る間も惜しんで、できるだけ仕事をして行けるところまで上を目指そうという期間。
   どうしたって、7年ぐらいやって、ちょっと疲れてきた
   人間の限界というか、なんぼでもやったろう、いろんな戦略があったんですが。
   そろそろ頭も回ってこなくなりそうなのが怖い。
板尾:次の段階に行くまでに、ちょっと休んで、何か吸収するとか、1回冷静なって、
   これからのこと考えるとか、そういう時期に来たんじゃないですか。
菅田:1週間後には違うこと思ったりするかもしれないけど
板尾:それでええですよ、別に。みんな真面目すぎるからね(笑)
   言うたことに責任持とうとするから(笑)俺めっちゃ優柔不断やから。
   「絶対この方向性」「これが真実で間違いないやり方」何年かするとまた変わるし
   好きなもんが嫌いになったり、嫌いなもんが好きになったりする。
   多分人間はそういう生き物。覚えてない。
   言われた方は覚えてるから「言うたやないか」言われるけど、そんなん気にしてたらあかん。
   矛盾して無い奴なんておれへん。絶対おれへん。
   そんなん気にすると「こんなこと云うてもうたからでけへんわ」
   そんなん思うとつまらん

菅田:安心しました。有言実行で全部やりたかった人間なんで
板尾:ああ、そらきついわ。
菅田:それに心地よさも感じてて
板尾:できるからや自分。自分だけの事やったら、変わってもいい。
   ええやん変わったってそんなもん。じゃないとしんどいし。いい言い方をしたら成長やし
   そんな悪いことやないと思う。10年間日記を書いて、すごく楽になった。

さだまさしの青春時代をすだまさきが演じたのは見た。
グレープの頃はちょっと似てた。

広告を非表示にする