別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【メモ】久米書店 岩合光昭 「野生動物カメラマン」

オートフォーカスか、マニュアルか。

久米:体も丈夫じゃなきゃ出来ない仕事なんでね。
   頑健な体力がなきゃとてもできないお仕事。
岩合:眼だけは丈夫ですから
久米:最近カメラはどんどんどんどん進歩していて、
   プロのカメラマンでもオートフォーカス使ってる方多いって聞いてるんですが。
   合っちゃうんですよ。フォーカスってコンピューターでピュっと 
   マニュアルのほうが速いと信じてる?
岩合:ていうか、植物の木が生い茂ってるところに鳥がいたりすると
   どうしても葉っぱの方にピントが来てしまうんで、一瞬にしてみると
   人の眼の方がカメラより優秀なんですよ。
   鳥なんかを撮る時の方が絶対にオートフォーカスは使えない。

父親について

久米:お父さんも新聞社のカメラマンでいらっしゃった?
   ※岩合徳光さん=動物写真家。
岩合:はい。新聞社を退職して、動物写真家になりました。
久米:普通男の子って「嫌だよ親父と一緒の職業は」っていう方が
   どっちかって言うと多いように思えるんです。
岩合:その通りですね(笑)結構ありました。見方考え方が父親と違うというのは
   当然息子だから思うんですけども、父の撮り方ではないというのは
   だんだんフィールド、自然に入っていく段階の中で「僕は違うな」と。
久米:お父さん変わってますよね。新聞社のカメラマンから動物というのは
   ルートとしてはあまり・・行く方多いんですか?
岩合:いないと思います。
   ただ戦後、新聞社にいた時「明るい話題が欲しい」と動物園に通わされた。
   あんまり暑いと動物はのびちゃう。
久米:ホッキョクグマとかね。時々暇ネタでありますよね。
岩合:そういう暇ネタを撮るのが仕事だったんですね
久米:それで、ご一緒にガラパゴスへ行った。おいくつぐらいの時に?
岩合:19歳。20歳の誕生日をガラパゴスで迎えました。
   アシカに肩を叩かれましたよ。水中で。オスでしたけど。
久米:「誕生日おめでとう」って(笑)
岩合:びっくりしました。泳いでるの僕だけなのに。

なぜ動物を選んだのか

久米:難しいと思うんです。対象が動物っていうの。女も難しいんです。
   厄介なのいますし。
壇蜜:なんでこっちを指すんですか(笑)
岩合:一番厄介なのはおっしゃったように女性なんじゃないですかね
   わからないからもっと知りたいと思うのは、女性に対しても同じですよね。
   そういう意識がどんどん強くなって。動物は特にわからない部分が多いので
   深みにはまって底なしになる。そういう世界なんじゃないかなと思う。

(ライオンの母子が近距離で向き合う写真は)10枚ぐらいしか撮れなかった。
   人が来たのを意識したので、お母さんも子供を隠したんです。
   立ち上がった瞬間(を撮った)
久米:これを見て女の人が泣いてしまうというのは・・
岩合:感情が移入しやすいかもしれないですね。
   母親と子供のコミュニケーション、語らいがあるというか。

表紙

岩合:お腹のたるみに興味があった。
壇蜜:ポヨンとしてますね
岩合:そうそう、そこを見て欲しい。子ライオン撮った時はお母さん留守で
   最初望遠レンズ、だんだん距離を短くしていって
   最後は広角レンズで覗き込むように撮った。
   彼らの目線を追ったら母さんが帰ってきたんですよ。
   僕の鉄則としては、猫はメチャ可愛がるんですけども、野生動物には手を触れない。
   もし触れたら匂いが付く。そうすると彼らの暮らしを変えてしまうことにつながる

   母さんに「何もしてないから」と眼で合図して後ずさりした。

初めのうちはやはり警戒していたのでしょう。
じーっとぼくのほうを注視してきました。
そういうときはムリをしません。
このチータの特徴を覚えておいて、次に会ったときにもう少し近づいてみる。

チータに限らず、猫でもライオンでも同じスタンス。
だんだんに距離を縮めていく。許してもらうまでのにじり寄り術は見事。

モデルさんは腰に焦点を当てるとピタッと決まる by某ファッション写真家

世界ネコ歩きファンにはこちらを。
某デパートでやってた猫展は見に行った。また行きたい。
久米書店ではあんまし猫の話はなかった。そりゃそうだ。


岩合光昭さん オリンパススペシャルインタビュー

広告を非表示にする