別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【感想少し】ファミリーヒストリー ピエール瀧 祖父は絵描き

祖父・秀治さんは謎の絵描き

※ググっても「大滝秀治」ばかり。

日本画の画家。絵描きさんを必要な瞬間って
ないじゃないですか。普段生活してて
じいちゃん(秀治さん)がどう食ってたかわかんない。
データがないから。

秀治さんは父・正臣さんが11歳の時亡くなっている。

万引き犯おひさ

もともと地元では有名な呉服屋を営んでいた。
そこにおひさ登場。

妹が嫁入りするから反物を見せて貰ひたいと
例の如く反物を数一枚出させ
その内の紬反物一反を万引きした處(ところ)を
番頭に発見され駐在所に訴へられて
引致の上取り調べを受けたる

※昔の新聞記事って面白い。
お経のように句読点なく流れる文章。これはこれで味がある。

秀治さん、家を出る

六男だったため。
明治45年、日本工科学校入学。絵画の基礎(図画・用器画)を学ぶ。
その後、画家の卵が集まる熊本へ。
熊本市手取本町49番地=当時。現在は商業ビル)

画家・石村珪堂との出会い

石村珪堂は、大正から昭和にかけて活躍した日本画家。
竪山南風らと撮った写真が。

秀治さん26歳で結婚

大正14年、熊本市三大事業記念国産共進会開催。
絵画展の案内係だった関本タ子(たね)さんと知り合う。
タ子の父が結婚に猛反対するも駆け落ち。
正臣さん生まれる。
本山町一番地、香福寺の本堂の描き換えを任された。
現存する絵は1枚だけ。

(山水画を得意としていたが)
私は山水しか描ききらない、と言ってもダメな話で
なんでも描かなきゃダメ。
だから熊本だけじゃなくあちこち行って
人を訪ねて絵を描いてお金をもらっていた。

家族を連れてふるさと静岡へ

志太郡島田町(現・静岡県島田市)で暮らし始める。
家賃の代わりに、頼まれた絵を描いて売り渡していた。
太平洋戦争。
「出征する息子のため、千人針の布に虎の絵を描いて欲しい」と頼まれる。
秀治さんは終戦後結核にかかり
妻と5人の子供を残し、49歳で死去。
ピエール瀧は現在48歳。

父と母

正臣さんは中学卒業後、地元の印刷会社に就職。
母は中学卒業後、看護学校→結核療養所
精神科の病院に勤務を移り、正臣さんと見合い結婚。

ピエール瀧誕生

1967年4月生まれ。
小さい頃は体が弱かった。
静岡東高校では野球部。
阪神の入団テストを受けたことも。
※ジャムの瓶に甲子園の砂を入れて持ち帰る。
「え?これ俺の歴史。最近すぎる」

お父さん面白い
「瀧家の顔は冬瓜型で長くてデカイ。」
「電気ビリビリなんて理解できない」
お母さんも
「今でも心配です。ああいう世界(芸能界)はわからない」

そりゃそうでしょうよ。でも母の還暦にお疲れ様とネックレスを贈る息子ピエール。
真面目な番組に貼る動画じゃないけど、まぁいいか。

あっ
今日でブログ継続日数450日らしい。こういうのってあんま意識しない。

youtu.be

64 ロクヨン DVDBOX

64 ロクヨン DVDBOX

広告を非表示にする