別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【訃報】岡本おさみといえば落陽、襟裳岬、きみの朝、川の流れを抱いて眠りたい、たべちゃうぞ。

2015年11月30日、心不全で死去。

吉田拓郎さんの数多くの曲で作詞担当。73歳で没。
70年代のヒット曲にはこの人の作詞が多い。

落陽

岡本さんが北海道を放浪した時の実体験に基づいて書かれた。


落陽/吉田拓郎

中学生の頃、叔母から「聴くといい」とすすめられた吉田拓郎
「流星」しか知らなかった自分に、いきなりライブ盤を貸してくれた。
借りたLPはこれ。その中に収録。

LIVE’73

LIVE’73

他にも「旅の宿」「マークⅡ’」「歌ってよ夕陽の歌を」など多数。
「サマーピープル」も好きだし、2013年の「クリスマスの約束」で歌った「リンゴ」も思い出深い。

襟裳岬

森進一の歌でも異色なのは
冬のリヴィエラ」「紐育物語」(大瀧詠一作品ですね)もそうだけど
最初に「へぇ」と思ったのはなんといっても「襟裳岬
子供の頃は、歌詞がテロップで流れるなんて少なかった記憶がある。
なので「暖め合おう」がなぜか「博多で会おう」に聞こえてしまい
いや「襟裳岬」を歌ってるんだろうになぜ博多なのかと
誰にも話せず一人で悶々と考えていたことがある。
正しい歌詞は明星のヤンソン(歌本)が教えてくれた時代。

わけのわからないことで悩んでいるうち
老いぼれてしまうから
だまり通した年月を 拾い集めて 暖め合おう


森進一-襟裳岬

きみの朝

ドラマ「愛と喝采と」劇中歌・挿入歌。
ザ・ベストテンからの流れでドラマを見ながら眠るのが木曜の夜の常。
ストーリーは小学生には意味不明だが、なんか背伸び気分で見ていた。
岸田智史のサクセスストーリーっぽいドラマだった。
レ・ミゼラブル」以降ミュージカル的歌唱だが、
79年当時の頼りなげな歌い方のほうが好きだな。


きみの朝 岸田智史 (1979年)

川の流れを抱いて眠りたい

ときにんざぶろう。
牛若丸三郎太
こと時任三郎
1981年。
こちらも「愛と喝采と」と同じ時間帯「木曜座」放送のドラマ「虹色の森」挿入歌。
十朱幸代がキャリアウーマンの役だった。


川の流れを抱いて眠りたい

たべちゃうぞ(補作詞)

ガチャピンのデビュー曲。一般公募の詞に補作。作曲は吉田拓郎。1975年。
ガチャピン - Wikipedia
今だったらなんの抵抗もなく受け入れられそうだが、
40年前は怖がる子が多かったと聞く。自分も40年前は7つ8つの子供だった。
2週間で放送中止となった。鬼から電話よりマイルドな気がする。


beポンキッキーズ40th ソングス 「たべちゃうぞ」

ami-go45.hatenablog.com


このところ自分の親世代の有名人が次々と亡くなっていく。

岡本おさみ アコースティックパーティーwith吉川忠英

岡本おさみ アコースティックパーティーwith吉川忠英

広告を非表示にする