別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

Eテレ 昔話法廷 カチカチ山 ウサギ被告の裁判。

訴状を読み上げます。

被告人のウサギは、親代わりのおばあさんを殺したタヌキへの敵討ちを決意。
逃亡中のタヌキに、言葉巧みに近づきました。
まずウサギは、タヌキが背負った薪(たきぎ)に火を点け
背中に大やけどを負わせました。
そして、その傷口に唐辛子味噌を塗りつけ、更なる苦痛を与えました。
さらにウサギは、タヌキを泥で作った船に乗せ、池に沈めようとしました。
タヌキは通りかかった村人に救われたものの、一時意識不明の重体に陥りました。

ウサギが犯した罪は、刑法第199条、第203条の殺人未遂罪にあたります。

弁護人:うさぎの言ったとおりです。
    親のように慕っていたおばあさんを、タヌキに殺された無念さゆえの犯行であり
    十分に同情の余地があります。
    刑を軽くして、執行猶予を求めます。

執行猶予:刑務所には入れず
     今の生活の中で反省させ更生する機会を与える。

証人尋問

検察側証人 タヌキ

おばあさん殺しの罪で既に刑務所入り。

あなたは、うさぎとどうやって知り合いましたか?

タヌキ:逃亡先の村で、突然ウサギに声をかけられました。

あなたは、なぜウサギとふたりで山へ行ったんですか?

タヌキ:お金がなくなって困ってたら「いいバイトがある」とうさぎが教えてくれた。
    一緒に山へ薪を拾いに行ったんだよ。
    そしたらいきなりさ・・

ウサギが火をつけたんですね?

タヌキ:そうだよ。ホント熱くてさ、そこらじゅうのた打ち回ったよ。
    しかもその傷口に・・あまりに痛くて、俺、気を失ったんだ。

涙そーそー 島唐辛子味噌じゃん 140g

涙そーそー 島唐辛子味噌じゃん 140g

気を失うほどの痛さ・・ひどいですね。

タヌキ:ホントだよ。俺が泳げないのをいいことに
    泥船に乗せて池に沈めようとしたんだぜ。
    俺は助けてくれと何度も頼んだんだ。
    奴は「おばあさんの敵(カタキ)だ!!」と
    オールで何度も何度も俺の頭を叩いて沈めようとしたんだ。
    なのにさ、村人が駆け寄ってきたら 
    「たぬきさんを助けてください」って、コロッと手のひらを返しやがった。

刑務所に入れなくても、うさぎは更生できますか?

おじいさん:できますとも。命ある限り私が責任をもって
      ウサギを監督します。ですから、刑務所に入れるまでもありません。
←※これは、うっかり八兵衛じゃね?高橋元太郎さんじゃないけ?

犯行前、うさぎはどんな様子でしたか?

おじいさん(以下、じい):すっかり落ち込んでいるようでした

たぬきの殺害を計画しているのは知っていましたか?

じい:いいえ、全く知りませんでした。

では、いつ知ったんですか?

じい:ウサギが逮捕されたと警察から聞いて
   そりゃもうびっくりしました。
   
あなたねえ、「知らなかった」「びっくりした」一体うさぎの何を見てたんですか?

じい:は?

今後また、あなたの知らないところで、うさぎが罪を犯すかもしれないですよね?

じい:しっかり見ますから。がんばりますよ。

物言いだけはご立派ですね。以上です。

被告人質問

弁護人

あなたとおばあさんは、どんな関係でしたか?
ウサギ:おばあさんは、僕の命の恩人なんです。
    罠にかかって動けなくなっていた僕を、懸命に看病してくれました。
    優しい人でした。いつもいつも僕のことを気にかけてくれた。
    ずっと一緒にいたい、そう思っていました。
    悔しくてたまりません。
おばあさんが殺された日のことを教えてもらえますか?
ウサギ:家に入ったら、おばあさんは血を流して倒れてました。
    抱きかかえて「おばあさん!おばあさん!」と何度も呼びました。
    でも目を開けてはくれませんでした。
    胸が張り裂けそうでした!!敵を討つことにためらいはありませんでした。
敵討ちには失敗しました
あなたは悔しかったのではありませんか?

ウサギ:いいえ、むしろホッとしました。

どうしてですか?

ウサギ:タヌキを殺さずに済んだからです。

あなたの目的はおばあさんの敵を討つことだったんですよね?

ウサギ:そうです。でもこんなことをしても
    おばあさんは喜んでくれないと気づいたからです。

あなたは自分のしたことをどう思ってますか?

ウサギ:法に背いたことをしてしまい、反省しています
    どんな刑罰も受けます。

検察官:改めてお聞きします
    タヌキの背中に火を放ったのは、あなたですね?
ウサギ:はい。
検察官:あなたはタヌキの背中に唐辛子味噌を塗って
    気を失うほどの苦痛を与えた。
    タヌキを泥船に乗せ、池の底に沈めようとしたのもあなたですね?
    おばあさんの敵を討ちたい一心でそこまで追い詰めた。
    それは相当な執念だ。
    なのに「殺さずに済んでホッとした」は、ないでしょう?
    やっぱり悔しかったんじゃないですか?
ウサギ:いいえ
検察官:もう気は済んだんですね。
ウサギ:はい。
検察官:では今度どこかで、タヌキにバッタリ出会ったらどうしますか?
ウサギ:・・・・。

検察官:殺意を持ってタヌキにあんなことをしたウサギに、
    同情の余地はありません。
    未だタヌキへの殺意は消えておらず、反省したとも言えません。
    同じような罪を繰り返さないためにも、ウサギは刑務所に入って
    自分の犯した罪をしっかり償うべきです。

弁護人:裁判員のみなさん
    ウサギを犯行に駆り立てたのは、親のように慕っていたおばあさんを
    タヌキに殺された怒りと無念です。
    ウサギは十分に反省しており、再び罪を犯すことはありません。
    おじいさんのもとで、罪と向き合うことが
    ウサギを更正させる唯一の道です。執行猶予を求めます。

    
どっちがいいんだろう  
・・・じゃねーよ!!
ウサギは殺すつもりでリンチまがいのことをしたんだぜい。たぶんな。

みな真面目に演じていて、観る側はどうしても笑ってしまう。
でもうっかり八兵衛がいると、火サスみたいで重厚感あふれるねえ。

お伽草紙 (新潮文庫)

お伽草紙 (新潮文庫)

伊藤真の刑法入門 第5版

伊藤真の刑法入門 第5版

ami-go45.hatenablog.com














 




    

広告を非表示にする