別館.net.amigo

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【人生案内】愛猫の死から立ち直れない、野村総一郎先生の回答

人生案内

家族の中でいちばんなついてくれた愛猫が

生後10ヶ月の雄猫。
去勢手術が終わると発作を起こし、そのまま死んでしまった。
老猫になるまで一緒に過ごすつもりだった。
私が勝手に決めた手術で命を落としてしまい
悔やんでも悔やみきれない。
自分を責め、悔しさに涙を落としてばかりいます。
3年前にも愛猫の死を経験しており
喪失感は時間が解決してくれると頭ではわかっている。
しかし今回は、まだ先の長い猫の命を奪ってしまった後悔の念から抜け出せない。
手術前病院から
「100%はない」とリスクの説明があり承諾したが
まさかの現実に適応できない。

自分も経験がある

何日も前の人生案内。
読むまで忘れていたのだが、思い出してしまった。
実家で飼っていた2匹の猫。
1匹は13年間共にした老猫。
もう1匹は雨の中拾ってきた子猫。
子猫は肺炎を起こし、病院に連れてったら
医者に「100%はない」と言われたっけ。

うまく説明できないけど
ひとが亡くなるのと、少し感覚が違う。
人間よりも早く逝ってしまうという現実を
受け入れるのにどれだけかかっただろう。

ずっと読んでいた愛猫のブログが更新されなくなって
もう1年以上経つ。
そういうことなのかな、違うブログサービスにかわったのかな。
どちらだろう。

野村総一郎先生の回答

浮かんだ言葉はただ一つ「祈り」
確かにこれはぐっと宗教的な答えなんですが
それほど信心深く無い私からも
この答えしか出なかったんです。

愛する人の死を受け入れることなど
その死がどんなものであれ不可能。

誰が悪いのでもありません。
あえて言えば、あなたのペットをあなたが心から愛した
その事実に原因があるのかもしれない。
しかしいったい誰が非難できるでしょうか。

死を受け入れることが不可能だとすれば
立ち直れずに悲しみ続けている事実を受け入れるしかない。
そうです。
この悲しみはもう少し続く。

私はこういう場合に「祈り」があるのだと思う。
ただし、謝罪の祈りではない。
冥福を祈り、愛を与えてくれた感謝の祈りであるべき。
それが少しでもあなたを癒してくれることを祈ります。

猫ではないけれど

ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)

ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)

祈り

祈り

  • 長渕 剛
  • J-Pop
  • ¥250
祈り (Live)

祈り (Live)

  • 長渕 剛
  • J-Pop
  • ¥250

広告を非表示にする