別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

怒り新党 「仕事にするなら好きなもの?得意なもの?」「ほめ言葉に舞い上がる」

好きなもの≠得意なもの

今まで自分の好きなものが、得意になったことがありません。
下手の横好きといいますか
人より時間をとって練習や勉強をしても
後から始めた人に追い越されて悲しくなる。
逆に嫌いなものの評価は、高いことが多い。
ほめられても素直に喜べません。
就活をしなければならないのに
「好きな世界で生計を立てる」
「得意な世界で生計を立てる」
どちらに進んでいけばいい?

好きでやってることじゃないんだけど、仕事が長く続く。
好きなんだけど(自分が)思うような形になってないわけで。
完全にスタンドプレーの仕事って少ないし
自分に向いていると思って就いたのに
環境、人間関係が最悪な場合もある。
やってみなければわからない。
趣味と就活の違いは、人間関係が左右するかしないか。
それで給料もらうんだし。
「できそう」だから就職したのに、うまくゆかず
転職することもある。理想と現実の差。

どうやって社会に出たの?

マツコ:21歳だっけ?
    そんなに周りが評価してくれる得意なものって、なんなんだろ
有吉:プロスポーツ選手?
   どっちみちつまんなくなってくるからね。
   だったら得意なもんのほうがいいかもね。
マツコ:ま、得意だと思ってるものがつまんなくなってくることって、結構・・
    後々しんどくなんない?
    だったら嫌々やってるものの中から
    なんとなく面白いなって思ってるものを見つけた方が
    ・・いや~わかんないね~
有吉:メシ食えるのがいちばん。
夏目:今のお仕事どうですか?
   好きだから、始めたところ、ありますか?
有吉:マツコさんそうじゃないの?最初から・・
マツコ:私は流れ着いたからね。
    だからあんまり、自分で決めないほうがいいのかなあと思うんだよね。
    最初は自分で決めなきゃいけないけど、
    人が「アンタこういうの向いてんじゃない?」って
    言ってくれたことをやったりした連続よ。
    好きとか嫌いじゃない。
    やれって言われたことを頑張ってやるだけ。
    それだけよ、仕事って。
有吉:元々は好きだし得意だと思って入ったけど
   全然違ったよね。結局ね。今となっては。
   今、好きでもねぇし得意でもねぇ(笑)

マツコ:まぁでもね、本当にそうなのよ。でしょ?みんなも?
    こんなオカマ、カメラで撮ってていいのかと思うでしょ?
    何かあったでしょ、撮りたいもの?
カメラさん:スポーツ・・(爆笑)
マツコ:なんだとお前!もっと気を使えよ!(笑)
マツコ:しかも一番スポーツに向いてないこんなね、
有吉:好きなところに入れるわけじゃないからね。
   巨人師匠んとこをクビになって、20歳で太田プロ
   そういう意味では顔ぶれ変わってないです。先輩も同期も。

マツコ:ダチョウ倶楽部さん、土田(晃之)さん、劇団(ひとり)さん・・
有吉:徐々に出始めて徐々にMCやってって、みんな。
   たまにマツコさんと一緒にやるけど
   基本的にお笑いの人たちの顔ぶれ、変わんない。
マツコ:それ言うとあたしは、随分コロコロ変えてきたなあ・・
    でも結果的にこれにたどり着いたってこと。
    ここに来たのは意思が全くなかったわけではない。
    ほんとに嫌だったらやってないよね。

有吉:こんな動きのないものを(笑) 
マツコ:美容学校出て、インターンやったけど何か違うと思って。
    90年代の頭だったから、ゲイのアクティビストの人たちがいっぱい出始めて。
    ゲイをテレビで語ったりしてるのを見てるうち
    自分の出生について考えたことがなかったから
    もう一回ちゃんと見直さなきゃと思って。
    いろいろ書いたりする方に行ったんだよね。
    で、出版社に入っていろいろ関係ができてくじゃない?
    そこでものを書いてみたら?テレビに出てみたら?って。
    女装は20年以上ずっとしてた。夜遊びの時に。
    ショーに出たら?からこの仕事に・・
    だから
    (好きか得意かなんて)どっちだっていいのよ!

おまけ ほめ言葉に舞い上がる

的外れな賞賛に気をつけろ

マツコ:賞賛ってそんなにしたい?わかんないんだよね
    ネットで批判がうごめくのはすごくわかるの。
    人間って何かを批判したいし批評したいわけ。
    でも「どうしても賞賛したいんだ!」って人は
   ・・あたし、信じてないのよ。
   その人を疑る癖がついちゃってるから。
有吉:真に受けるとやばいことになるのがわかってるから。

マツコ:天狗って言われて。
    良かれと思ってやってることも、そうじゃなくなる。
    賞賛とかは極力ないものとして考える。
有吉:ほめられて、くすぐったいぐらいでちょうどいいんだよね。  

うまい返しってコミュニケーションには必要かもしんないが
なんか返した瞬間から、むず痒さが持続する。
かと言って批判も、その表現によっては
非常に耐え難い悪口に変わってしまうし。
まぁ難しいよね。

    

広告を非表示にする