別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【怒り新党】お色気番組が少ない【新・三大】アイドル伝説えり子のナレーション

お色気番組が少なすぎると嘆く26歳女性

現代の少子化セックスレス事情の原因は
テレビでセクシーな映像が流れなくなったからではないでしょうか?
草食男子が増殖しすぎな今
それぐらいの刺激が必要だと思います。
深夜の時間だけでも昔のような
ムラムラっとする番組を放送すれば
もっと少子化は解消され
おまけに離婚率は改善 景気回復も期待できると思うのですが
マツコさん有吉さんはどう思われますか

ネットがあるじゃん
スカパーがあるじゃん
地上波で気軽に流せってこと?
26だったら幼い頃にギルガメッシュ見たのかな?
91年から7年間やってたし
3年ぐらい前までBSジャパンでも放送してた。

まぁ減ったよね

マツコ:ちょっと前まで、無駄に水着着た姉ちゃんとか深夜ひな壇に座ってたよね。
    この人の言ってることはちょっと無理があるけど
    カップルとか夫婦でテレビ見てて
    目の前のテレビがちょっと艶っぽいことやってると
    触ったりしてたのかね?
    結構センセーショナルってか、今でもはっきり覚えてるけど
    神戸のサンテレビが作ってた「おとなの子守唄」って番組。
    (←めいめいで動画検索のこと)
    それ、ラブホテルが提供なのよ。
有吉:そうそう「もしもしピエロ」だね。
マツコ:毎回「もしもしピエロ」の各店舗で収録してるんだよね。
有吉:こんなこと言うの恥ずかしいけど
   どう思うか知んないけど、中学生の時から
   お※んち☆放り出してテレビ見てんのね。昔はチャンスがあった。
   今●ちん×ん放り出して見てても、そんなチャンスない。眠りにつくしか。
マツコ:昔は11時過ぎたら、山本晋也監督が風俗嬢にインタビューしてたんですよ。
    おっ☆いもんでたりしたんだから。
有吉:今はそこですら☆にしてるよね。
マツコ:ちょっと前まで、古谷一行さんと火野正平さんがコンビの
    刑事ものやる土曜ワイドのやつ、あれ毎回20人ぐらい
    露天風呂でねえちゃんがおっ☆い出してたよね。スタイルも顔も良くないけど
    あれ私大好きなんだよね。
    
混浴露天風呂連続殺人 - Wikipedia
※シリーズは2007年終了。BPOの設立は2000年以降だが、混浴シーンは一貫して放送。

有吉:今「水泳大会」もやんないもんね。
マツコ:クレームが入ったんですかね
有吉:そら、ネットでいくらでも見れるけど、テレビのエロとは違うのよ。
   オツなんですよ。
マツコ:あたし別に女の子好きじゃないけど
    家族で見てて、濡れ場とか出てくるじゃん。
    あれっていい情操教育になるわけじゃん。
    今、家族団らんにそういうものが出てくることってない。
    臭いものに蓋をして、全部が全部地下に潜ってる。
有吉:男の乳首にまで☆がつくとかさ


水泳大会'83_松田聖子(天国のキッス) - YouTube

大塚食品 sinvino ニカウ - YouTube
マツコ:今の子はスマホで、あたしたちの比じゃないぐらいすごいもの見てんのね。
有吉:親父が水泳大会録画してた。
   俺ら得したね。
マツコ:1日2回ぐらいおっ☆い見てた。

ん~
子供の基準も分かんない。お尻はオッケーだけど、
子供が風呂に入るシーンで不自然にぼかしが入ったり、な。
今回正月バージョンより面白かった。「パンティーを履けよ、そっからだ話は!」てさ。
くりぃむ上田は(パンチラを)注意するタイプだ、とか。
マツコが田中みな実を攻撃するのは面白いから、とかね。
有吉:モノマネの人がめちゃくちゃやってんのは「大好きだから」だけじゃなく
   「大嫌い」てのもあるからね。

アイドル伝説えり子

怒涛のナレーション地獄

・水泳大会編
意地悪な運命は喜び溢れるエリコを
青く 無残な四角い水の砂漠に誘(いざな)う・・
えり子は果たして無事に出演できるのだろうか。
・・運命の稲妻が走り いよいよ本番前日を迎えた。
だが懸命の努力にもかかわらずえり子の泳ぎは完成しなかった。
息継ぎがどうしてもマスターできなかったからだ。

舞台オーディション編

長いさまよいの果て
今 宿命のライバルが目と目を合わせ
激しい火花を散らした。
運命の稲妻は大きく 
これから始まる二人の壮絶な戦いに
歓喜の声を手向けた。
濁流は喜びに舞い
清流は姿を消した。
地が裂け 炎が笑い
安らぎは凍りついた
この 嵐渦巻く宇宙で えり子は何を失い
無くしてゆくのか。
そして一体どんな希望を掴むことができるのか
それは誰にもわからない。
・・・二人を支えていたものは
気迫と情熱 ただそれだけであった。

40回目は最終回のような演出

常に先端だけを見つめ 栄光の座と戸惑いを手に入れ
ついに挫折を・・衝撃に遭遇しながら新しい現実に・・
・・・人物紹介を長々と(以下略)

余談ですが

70年代にピンクレディーのアニメがあった。
この歌を聴いて思い出せば世代が近い。
近年、ケイ(増田恵子)がバセドー病を患っていたとは知らなかった。













     

広告を非表示にする