別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【感想】アナザースカイ ・高岡早紀んちの息子達。思春期のリアリティ。

17歳と14歳の息子はハワイ留学中。(娘4歳)

ハワイに最初に来たのは3~4年前。
真っ赤じゃない?溶岩で。び~っくりして。
下調べもなくハワイ島に来たんだけど、上の子の留学で。
仕事はちゃんとやるけど、普段、子供たちのこと以外は「放置」
高岡佐紀子(本名)放置

「ヤバイ!おいしい!
・・(子供がいるのに)「やばい」とか言っちゃダメだよね。
やばいの代わりは本来何?
とてもおいしい~~」

寂しくない。
遠いどこかに行ってるって感じしない。
平気で連絡取れるもん。
そこにいる時のように。
東京にずっといた時よりも会話は増えてる。
お互いのありがたみを感じるようになってる。

ほほう。
ここの息子とうちの坊主は同じ17歳。
再来年進学希望だったりするけど
親元を離れて暮らしたことがないので
やつの方が地元に残るかどうか迷い始めてる。
こういうのを聞くと、背中を突き飛ばしてでも家から追い出したくなる。
昔から
「可愛い子には旅をさせよ」というぢゃないか。

高岡:もともとインターナショナルスクールに入れてたんだけど
   思春期になり
   心配になる部分がちょこちょこ出てきて

今田耕司:悪い仲間と付き合いだしたりしたんですか(笑)

高岡:そういうのとか色々あって。
   シングルマザーですし、息子にもちゃんとしてもらいたい。
今田:14歳ぐらいはねぇ
高岡:ありますよ。


【CM 1988-89】madras 企業CM 30秒×3 - YouTube

息子達のリアクションが思春期丸出し。

カメラ来てんじゃねーよ的かったるさ。
以下、親子のやり取り。

母:アナタ明日から(留学)?
次男:ぁ、知らない
母:明日からだよね
次男:・・・はぃ、そうっすね
母:(長男に)何でいつもクールなの?
  ハワイ島のメインっていうか、あれでしょ?いちばん・・
長男:分かってない。わかってないこと言わなくていい
母:ムカつくのよこの子
長男:ママの喋ってることわからない。絶対英語でしゃべってきてほしくない
母:ママも自分が英語で何喋ってるかわかってないもん。でもかいわがなんとなく・・
長男:できてない。
母:進んでるからいいじゃない
長男:進んでない

D:いつもこんな会話なんですか?
母:そう
長男:すぐシケる
母:ホントみんなおかしいよ。
  どんどん大きくなっちゃって・・
長男:育て方が下手だったんじゃない?
母:なんだそれ。あんたはホントにもぉ・・・


息子達の真ん中に高岡早紀を置いて
仲良し親子感を撮ろうとしたのかもしれないが
露骨なまでににじみ出る思春期。
よく言えば照れくささの裏返し。
でもどう見ても
ぁんで映してんだよっと言いたげ。
でも噛み合ってないはずの会話が、なぜかめちゃくちゃテンポよく。
両方が演技やってるとは思えなかったんだがな。
昨今のベタベタ自慢芸能人家族より
気持ち悪さがなくて、よろしいかと。

息子たちと買い出しに行くシーン

母についていくことはせず自由奔放に動く長男。
母をガン無視。
しかも商品のビニールを破つてしまふ。←ここだけアホ
長男:ここのノートボロいから日本の買ってきてって言ったのに
母:知らないよそんなの。

↑これ、そうだよね。(注:うちはビニール破ったことない)
 もうイヤイヤ感120%。
 逆にべったりしてたら小学生みたいで変だと思うけど。
 (※あくまでも個人の感想ね。子供にもよるし)
 うちも坊主の中学以降の仮入学で
 保護者説明会さえなかったらついていく気なかったんだが、行かなきゃいけなくて。
 制服や教科書等物品購入の時に
 親子がくっついて行動しているのってお互いに嫌で
 二人が分かれて違うものを購入しに行ったりしたっけ。その方が早く終わるし。
 話はそれるけど
 「入学式に保護者がついていくのはいかがなものか」とよく言われる。
 高校でも大学でも説明会のあるところが多いので、しょうがないのだ。

ハワイって超でっかいかき氷あんのね。
母子でBBQやってる時も
次男坊は肉じゃなくホットドックを食べてる・・

母をどう思ってるか

D:ママのことどう思ってる?
長男:あんま言うことないっす。普通に親です。
   普通にそれは親だから。

D:ひとことだけ。喜ぶと思うから。
長男:(カメラに向かって手を振って)行ってきま~す。
D:も、もうひとことだけ
長男:もうすぐ誕生日だけど俺いないんで、誕生日おめでとうございます。
次男:ありがとう。じゃあね。 

今田:ええかげんにしなはれ、あんたんとこの息子。

え~
こんなもんじゃないの?
大人の顔色気にしてたら、いろいろと勘ぐってしまうわ。
子役が答えてんのとちゃうわな。

高岡:虎太郎(長男)?
   すごいいいやつですよ。わかりやすい。周りのことも考えられるし
   私のことも客観的に見てくれるし。
   龍人?知らないうちにすごく大人になって
   二人とも明るく育ってくれてありがたい。
   「寂しい」は、ない。彼がひとりでここでどういう風にやっていけるのか
   がんばって、っていう励ましの言葉しかない。
   絶対たくましくなって帰ってくるし。だってもう17歳ですよ。
   私が思っているよりも、子供って絶対頑張れる。

D:あなたにとってお母さんとはどんな存在ですか?
虎太郎:近所のおばさん。
龍人:服を洗ってくれる人、ご飯のお金を払ってくれる人です。

ということで、今読んでる本。

金銭的に参考になるかもです。

関係ないけど、ひとつ疑問がある。
あんたの好きになる女の子は、なんでいつもあたしと名前が同じなん?

たしかに
昨今の日本の大学は入学しやすく卒業も易しい。
その後の人生を切り拓いていくのが難しいけど、考えすぎてもしょうがない。

はよ出てけ坊主。

広告を非表示にする