別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【感想】「第2次安倍改造内閣18閣僚の横顔」ささやかにツッこんでみた。

読売新聞、新閣僚の似顔絵と共に、簡単な紹介文が載っていた。
以下抜粋。
あくまでも2014.9.4時点のものです

副総理 財務・金融 麻生太郎

憲法改正をめぐりナチス政権を引き合いに出すなど失言癖は首相時代から変わらない。
マンガ好きで愛読書は「ゴルゴ13
クレー射撃の日本代表としてモントリオール五輪に出場。

失言癖。(治るとは思えないが)漫画好きだしクレー射撃だって日本代表なんだぜい。
なんちゃない、無難な紹介文ですね。

総務 高市早苗 

第2次内閣発足後は女性初の政調会長として首相を支えた。
靖国神社には節目ごとの参拝を続ける。
夫(山本拓衆議院議員)の手料理を食べるのが楽しみという。

最後の一文。どうでもいいことなんですがなんか記憶に残る。

法務 松島みどり

「批判するより自分がなったほうが面白い」と政治家の道へ。
だが地盤も看板もなく2回の落選(中略)
トレードマークは赤のスーツ。
「選挙で苦労している分、出たがりなのがたまにキズ」という声も。

あぁ、やたらに「(名前が)みどりなのに赤いスーツです」の人ですね。
最初花屋さんから電話がかかってきた人。
しかし「苦労してるのに出たがり」なんて余計なことは誰が言ったのでしょうか。

外務 岸田文雄

世界を駆ける酒豪
ロシアのラブロフ首相と日本酒で酒量を競ったことも。
「首相の陰に埋没しがち」と評される。

酒量なら前へ前へでられそうだ。「埋没しがち」とはRGのような表現。
ラブロフさんに勝ったのか負けたのか。どうでもいいけど。

以下(18名全員ではありません)

小渕優子:2008年ベストマザー賞受賞
塩崎恭久:仕事熱心の反面、理屈っぽくて親しみにくい
西川公也:入閣を果たすために功を焦っていると批判された。空手三段。
太田昭宏:党内外に顔が広いが何でも口を挟みたがるという声も。京大では相撲部主将。
望月義夫:カラオケの十八番は長渕剛さんの「とんぼ」
管義偉:酒は飲めず甘いものや麺類が好物。歴史小説が好き。

政調会長稲田朋美

パリで開かれた日本文化イベントでゴスロリと呼ばれるフリルで飾ったドレスで登場。
メガネベストドレッサー賞受賞。党務の手腕には未知数の部分が残る。


稲田大臣がゴスロリ姿で記者会見!ゴスロリ・コスプレ・オタクカルチャー論【宮台真司 ...

例えば石破茂だとテレビじゃこんな感じだったのに
【内閣改造】石破さんのこれ、必要な情報なの?(笑)
新聞は真面目に紹介していた。ゴスロリに比べ面白くない。
乗り鉄とかも必要な情報じゃないけど、ゴスロリOKなんなら書き添えて欲しかった。
概ね女性閣僚の方がソフトな表現使ってる。

ところで
人を紹介する時って短所を先に書いたほうがいいのかも。
二階俊博:「古い自民党の象徴」との声もあるが「職人肌で職務には必要」と言われる。
だと、ああ真面目でいい人そうだ(やってみんとわからんが)って思うでしょ。
でも
「もっと柔軟性を持つべきだ」で締めると(山口俊一評)融通きかなそうってイメージだけが残る。

山谷えり子ってどっか散々叩いてるサイトがあった。
昔洗剤のCMに出てた記憶があるけど、アレなんの洗剤だったっけ?評論家だったよね?
何はともあれそんなに長持ちしない面子。
有村治子についてはヤバそうなのでここではカットw

広告を非表示にする