別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【感想】【抜粋】Eテレ ニッポン戦後サブカルチャー史 70年代雑誌 「宝島」「POPEYE」 ヒッピー文化

1970年 よく読む定期刊行物ベスト10

※学生実態調査
1位: 朝日ジャーナル 2位:少年マガジン 3位:世界 4位:文藝春秋 5位:中央公論
6位:週刊少年サンデー 7位:週刊朝日 8位:展望 9位:エコノミスト 10位:サンデー毎日

※「展望」78年廃刊・休刊となっている。
展望 (雑誌) - Wikipedia
宮沢章夫:左手に少年マガジン、右手に少年マガジンを持っていた。
     今では考えられないようなことが起きていた。

73年「宝島」創刊

責任編集は高平哲郎 
大滝詠一のスピーチバルーン〜高平哲郎 - YouTube

植草甚一

高平:若者たちの教祖、ファンキーおじさん・・そんな異名をとってたことで
   ジャズ、映画、ミステリー、散歩・・なんでも広範囲、まさに「歩くサブカルチャー

ぼくは散歩と雑学がすき (ちくま文庫)

ぼくは散歩と雑学がすき (ちくま文庫)

ワンダー植草・甚一ランド

ワンダー植草・甚一ランド

新しく起こっている何かを伝えられるものが必要。

※だからって「大麻レポート」なんて特集もやってたとは。
75年には「ニューファミリー」が流行語に。

【ニューファミリーとは】
戦後ベビーブーム以降に生まれた世代の夫婦と子供たちで構成された家庭。
友達同士的な夫婦関係、マイホーム志向、ファッションに敏感。

で、その子供たちが作ってる現在の家庭が(一部)「パタ二ティ」ですよ

【人生案内】妻との家事分担でストレス に山田昌弘先生が答える。 - 別館.net.amigo

76年「POPEYE」創刊

赤田祐一「宝島」「POPEYE」の魅力

自分たちの体験のよりどころ、基礎をカタログ形式で作ってる。
カウンターカルチャーの思想が「宝島」
「ポパイ」は無思想。無思想って思想なんだけど楽しくやろうぜっていう。
その時代においては新しかったんですよ。

宮沢:「POPEYE」って「POP」「EYE」じゃないですか。
    その視点がポップである。宝島とは違う。
    頭でモノを考えるよりも体が大事だ、知性主義から反知性主義へ。
    雑誌、例えば朝日ジャーナル、世界みたいな論壇誌とは違う雑誌。
    宝島には知性があるけど、何が違ったかっていうと「ビジュアル」
風間俊介:だんだんレイアウトや写真にこだわったりとか、スタイルが大事になってきたって変化ですか?
宮沢:それ自体がメッセージであると。言葉だけじゃない。レイアウト自体がメッセージ。
   あるいは写真自体がメッセージ。

ホール・アース・カタログ

「ポパイ」「宝島」が影響を受けたとされる。1968年創刊。

スチュアート・ブランド

ヒッピー世代の若者のためにアイデアを思いつく。
「若者たちはコミューンを作り、独自のカルチャーを生み出そうとした。
 自分達で家を建て有機農業をする、画期的な試み。
 そこで彼らに役立つ道具やテクニックを紹介する雑誌を作った」

スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉

スペクテイター〈29号〉 ホール・アース・カタログ〈前篇〉

72年には大ベストセラーに。
スティーブ・ジョブズも愛読していた。

【オーディオブック】ハングリーであれ、愚かであれ。 - YouTube
石川次郎:編集方法としてのカタログもあるんだなって。
ポパイの原型は1975年「メイド・イン・USAカタログ」10万部のベストセラーに。

宮沢:カタログってものが「我々に必要なものが載ってない」てとこから、それに対抗する意識があったと思う。
中川翔子:コミューンって知らなかったですね。
宮沢:知らなかった?日本にもあったんですよ。
中川:まさか裸にはなってないですよね?
宮沢:なってたんじゃないですか?
中川:怒られそう。
宮沢:スクリーンセーバーってあるじゃないですか。
   多くはヒッピーカルチャー、サイケデリックですよ。
   ヒッピーは思想、生活のスタイル。

京都や長野にヒッピーのコミューンがあった。
80年代まではいたらしい。

ヒッピーで動画検索してる最中
これは避けて通れないなってのを思い出した。

忌野清志郎 ヒッピーに捧ぐ - YouTube

すごい悲しくなった。

雑誌ワンダーランド

後半は「ぴあ」や「ロッキング・オン」にも触れてた。

「サブ」(1970)

神戸で創刊。
毎号、赤瀬川原平浅井慎平横尾忠則らが登場。

だぶだぼ(1970)

「マリワナ栽培の仕方」など過激な特集もあったが
 ホールアースカタログの影響で突如カタログ形式に。
 雑誌サイズ、内容ともにコロコロ変える。

面白半分(1971)

野坂昭如「検事は恐山のイタコか」←タイトルが(絶句)
半年ごとに編集長が替わる異色の雑誌。面白くてためにならないモノを体現。

いや~全部読みたい・・
編集者たちには「夢の時代」だったわけで。
タイムスリップして見たいもの。

70年代の雑誌、無碍に捨てられてるのを持って帰ったり
図書館でもブックオフでもない「貸本屋」から借りたりしてたっけ。
のび太のおばあちゃんみたいなのが店番してて
挨拶しないと怒られた。おばあちゃん死んだら店もなくなった。
そうそう、ananて最初は旅の特集だったっけ。
オークションは値段吊り上げる奴がいるし
いろいろ捨てるんじゃなかったな・・

さて、来週は80年代ですよ♫
ようやく記憶にある世代の登場、YMOです(^^ゞ

広告を非表示にする