別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【抜粋】Eテレ SWITCH 達人達 石川さゆり×日本画家 千住博

石川さゆり:NYはすごく躍動的で、好き。
      海を越えて人に会いに行くってなかなかないけど、
      会いに来ました。
      滝の絵は、千住さんの心に映ってる滝なのか。
千住博:僕は演歌が大好きで、
    カラオケでも「津軽海峡冬景色」を歌うんですね。
    石川さんは実は演歌歌手ではなく、
    すべての歌を歌うことができる歌手。
    とても尊敬している。

二人は昭和33年1月生まれという共通点がある。

わたしが芸術について語るなら

わたしが芸術について語るなら

石川:私はそこに音楽を感じるんです。
   千住さんの滝を見ていると。
千住:そばで描いていて、また離れてを繰り返すんですよ。
石川:水とか滝とかは形ないこと。
千住:イメージを練ることがとても大切。
   荘厳な滝が描きたいというイメージを持つと、半分は描けたようなもの。
石川:どこでもドアのような入口。
千住:静かさ、希望、生きる力のようなものを描きたい。


軽井沢千住博美術館 西沢立衛設計 - YouTube

スプレーかけて「飛沫」を表現したり。
絵の具をたらして滝の流れを表現したり。
千住:筆も、ちょっとは使いますよ。
   自然との共同作業。自然に作品を任せる。

石川さゆりは陶芸を20年来やっている。
今回は滝を描くことに挑戦。

千住:毎回自然が非常に劇的なプレゼントをしてくれる。
   作品との対話をしながら、指の力、ちょっとしたためらいも
   その人の個性。
石川:人間性とかも
千住:もちろんです。全部出ます。
   手に負えない自然、吹き付けたら自分の予想と違う
   それが現代人にとって大切。
   なんでもコントロールできることがそもそも違う。
石川:3Dな感じで、うわ~っと迫ってくる
千住:一体感みたいなものね。
石川:隙間って勇気いるんですよね。
千住:自分と同じ未完成な部分に、人間は感情が入りやすい。
   朝見る崖と夕方見る崖は全然違って見える。
   朝頭が冴えてアトリエに行くと、夕方見たのと違って「なんだこれ」
石川:寝る寸前とか、お風呂場に持ってって自分の声を聴いたりすると
   「ああここ濃すぎちゃった」とか
千住:全く同じです。

シワの入った和紙に絵の具をのせると、崖のような立体感を出し始める。

事件や事故も現代の画家として描きたいと
傷ついた和紙から見える崖に救いを見出した。
芸術とは「私はこの世界に生きてる」という自己表現であり
自分を消す作業でもある。
歌も、言の葉が自分の体を通過するときにどう表現するかだと。

千住:ネットもホームページもツイッターもない。
   ゴッホダ・ヴィンチが生きてたらどうHPを作っただろう。
   僕らの20代30代も世界に出て行くしかなかった。
   それがニューヨークだった。

石川:日本画の巨匠は正直言って自分と同じ空気感ではなかった。
   でも千住さんは同じ空気感を感じるのはなぜだろう
千住:喜びも悲しみも噛み砕いて生きている。
   それを記録として残したい。
   実際に起こった出来事のほうが生々しいけど
   芸術は別の形に昇華させて提案していく。
   代弁者として何かを語ることが大事。
   絵だけは「これがなかったら僕は生きていけない」と思ってた。
   弟のように演奏しなくても生きていけるが
   絵だけは自分が描かないと生きていけない。
   出会った以上は突き詰めていきたい。


そういえば弟さんも出たんだっけ
Eテレ スイッチ 達人達 荒木飛呂彦×千住明 - 別館.net.amigo

千住:石川さんは、たぶん、多分ですよ。
   ストイックな人生だと思う。


レコーディング中の
「空を見上げる時」生歌、千住さんの前で披露。

石川:15から歌を歌ってて、なかにし礼先生とかに
   後ろから「行け!行け」って背中を押していただいて。
   阿久悠先生も三木たかし先生も逝ってしまって
   途方に暮れたことがあったんです。
   若いアーティスト、作家の皆さんと出会うことで
   こういう音、こういう世界があるんだって

X -Cross II-

X -Cross II-

千住:「津軽海峡冬景色」の時大学二浪してて。
   これは僕の歌だと。カラオケで千回ぐらい歌いました。
   「ウイスキーがお好きでしょ」の頃は
   ようやく世間で認められた頃。


ウイスキーが、お好きでしょ W78-2 - YouTube

石川:レコーディングは裸になる場所。
   どんな格好でもいいけど、ここで作ったものをステージに持ってった時
   「これっていいと思わない?」っていう感じで
   人に届けに行く。
   私は自分の歌が本当に好きなんです。
   惚れ込まないと歌えない。
   「いいのぉ?」ってのは出しちゃいけない。

千住:自分が部屋に拡散されていなくなってしまうのが理想。
石川:よくわかります。
千住:ストレスっておありになるんですか?
石川:あるんですよ。ストレスフリーに見えるみたいですが。
   誰にも言ってないけど
   一度自分の中で引いた(引退)したことがあります。
   娘が生まれた時。
   男と女の違いは
   自分の中に心臓の音を二つ聞けること。

千住:母は「褒め上手」
   絵を描いて見せて褒められる繰り返し。
石川:私は元々がアイドル出身なんです。
   出しても出してもヒットしない。
   デビューしたのはオイルショックの前で、売れないレコードは廃盤。
   うちの母が
   「絹ちゃんの歌はすごいのよ、私大好き。
    どうしてみんなわかんないのかしら」って褒めてくれました。
千住:演歌ってなんて外国の人に説明したらいいんですか
石川:デビューした頃は演歌もポップスもジャンル分けがなかった。
   私たちは流れゆく歌なんです。
   いろんな出来事がある中、みんなの生活にフゥっと入っていったり
   よっしゃ!と踏ん張れるような
   感謝の中で生まれ出るものでいいんじゃないですか。
千住人って分けたがる。
   変なジャンルというものが外側から作られても、それを破るのが
   我々の仕事。   

石川:日本人って恥ずかしがり屋。
   ニューヨークに行くとすぐ話しかけてくださるけど
   日本の人は、話さないくせに気になる。
   言葉にしないで交流するのが、すごく日本人なのかな、と。



ウイスキーがお好きでしょ は
やっぱこの人のバージョンが一番だなぁ
この人に惚れる中高年男子が多いのってなんかわかる。
千住さんは自分に向かって絵を描くのだそうな。



  

広告を非表示にする