別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

[怒り新党]他人の不幸が大好き!でも不幸話を鵜呑みにしない。盛ってる話もあるよ。

学生(18)男
僕は「他人の不幸」が大好きです。
他人の不幸話を聞いたあとは、自分でも驚くほど機嫌が良くなります。
逆に「他人の栄光や幸せそうな話」を聞かされるのは大嫌いです。

自分でも驚くほど機嫌が悪くなります。
そんな自分が大嫌いです。

マツコ:「誰かが殺されちゃいました」とか、そういうニュースを見て喜んでたらダメだけど。
    「勉強もできて運動もできて、女にもモテる友達が会社に入れなかった」
     ちょっとゾクッとはするわよね。
 
有吉:当人に会って聞くのは辛いけど、周りで言ってる分には楽しいね。
   いい話、腹立つかなぁ?いい話意外と好きなんだけどね。
   そっちのほうがバカにしやすいんだ。

マツコ:ネタにできるのは「いい話」
    良い悪いは関係なしに、ちょっと変化を示されたことに喜びを感じるんだよね。
    ぼやっとしてる日常の中に、ぱっと入ってくる瞬間。
    心が動く瞬間が楽しいんだと思う。
有吉:「子供生まれました。写メ見ます?」がブサイクだった時にいちばんざわざわする。
   「ハッピー&○○」だから。
マツコ:結婚するのよって聞いて、旦那がITって聞くとゾクッとする。
    あ~これ半分ぐらいは失敗するだろうなって、ちょっとざわざわする。
有吉:そんなのこっちが決めることだから。なんでもいいから報告してほしいよね。
マツコ:ありがたい話よね。全部報告して欲しい。
有吉:たぶん、「人の不幸は蜜の味」みたいな事なんだと思うけど
   そんなツライ状況なの?学生か。
マツコ:ちょっと鼻につく男が就職浪人決まったとか、そういうレベルの話でしょ?
    不幸の質が変わってくるから。
    シャレにならないレベルの不幸があるのよ。社会人になると。
    「なんでアタシに言ったのよ!!親に言って!!」ってのがあるのよ(笑)
    不幸をウリにする人がいるじゃない?あれはダメよね。
    アタシ一時期そういうのがあったんだけど、
    ストイックであることがかっこいい時って
    金もない、モテない、いいことがない状況が
    好きになるときってあるのよ。
    でも不幸が面白くなくなったのよね。それまではそんな感じだったけど
    不幸話って全面的に信用しちゃダメって思ったの。

    それでこっちがうわぁ~ってなってる時に、
    向こうは屁でもないと思ってるかもしれない。
    だから不幸話ってのは100%信じて聞いちゃいけないって
    自分がやったからわかるの。
有吉: あんま嘘つかない方だけど、
     俺嘘ついて後悔してるのは、若手時代相当苦労してる時
    「ティッシュをうどんみたいにして食ってました」って嘘ついたの。
    「その当時のやってもらえますか?」ってことになって。
     おだし入れても全然うどんにならない。ただのティッシュ(爆笑)
     盛っちゃう。

ナイナイアンサーをご覧のみなさまこんにちは。
芸能人有名人の不幸話お悩み話がてんこ盛りですね。
あれ、なんで見るかっていうと、心屋先生のお言葉がありがたいからですよ。
誰も同じ内容に聞こえるけど。
金スマも然り。2つの番組の共通点は
紹介される脚色された再現ドラマ、出演者が泣いてる顔のアップ。
見ている自分はあんまし泣けない。
もちろん、いじめを扱ったものは、それなりに考えるところはありますが。
記事に書き起こすときはなるたけ自分の主観を入れてない・・つもりですが。
素人ものでしたら「ボンビーガール」あたりか。
あれは自らすすんで貧乏に身を投じているから楽しいですな。

基本的に「(自分が嫌いと思ってる人の)不幸話」は、はっきり言って大好き。
直近だと、自分は子供時代にいじめられたんだけど、
その主犯格だった子が略奪愛で結婚したのに
意地悪な姑と育児に興味のない旦那で苦労してるって話を聞いた時かな。
もう自分のところに回ってきたときは、
いい加減手垢脚色が付きまくった創作噂話なのに、
妙に気分が明るくなりましたね。
バチが当たるって、このことかと思いましたもん。
ちなみにほかの記事でも「こちら側の話」については実話をベースにしています。

グラフィックデザイナーの人は、知り合いに依頼されたら金は取るもんだと思う。
等価価値ってもんだよ。
無人島の特集で流れた高中正義山下達郎は懐かしかった。
「BLUELAGOON」「LOVELAND ISLAND」だね。 


高中正義 BLUE LAGOON - YouTube

達郎さん ラブランドアイランド - YouTube



    

広告を非表示にする