別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

BSドラマ・全身編集長 : 週刊プレイボーイ 島地勝彦。今東光の「極道辻説法」 

のっけから「マイ・シャローナ」かかりまくり。

グラビアだけでなく、
人生相談では今東光開高健を巻き込んだ「週刊プレイボーイ


プレイボーイの人生相談 1966-2006

プレイボーイの人生相談 1966-2006

毒舌 身の上相談 (集英社文庫)

毒舌 身の上相談 (集英社文庫)


島地は、なみいる作家を手なづけたのではないか。

彼らの血を吸って、
変なドラキュラが葉巻吸ってる感じの生き方してるんだな
作家をより作家らしく見せるために必要な道化師みたいなことを

島地はやりつづけたと思う。
作家は自信ありげにものを描いてるけれども
私に言わせると、99%の作家は不安でしょうがない。
それを島地はきちんと手を打って
大向こうから「開高~!!」と叫んでいるように聞こえるわけだ。
それで安堵して違うところにすすんでいく。(伊集院静

魅力があるからね。

みなウットリして。人たらし。女たらしの部分は知らないけど。(瀬戸内寂聴

新井浩文じゃ、ちょっと違うかなあ・・格好から入っちゃったな~
でもね「美しき酒吞みたち」(BSフジ)好きだけど。
なんといっても、今東光毒蝮三太夫記事参照)がやるから見てしまった。
今東光の肉声、実は初めて聴いた。マムちゃんに近いものがある。
モミモミかよwさすがに下ネタは放送しなかったな。
もうあかん、笑い過ぎて変になる。LPで発売されてた時代があるなんて。
人間はどんなどん底に居ても助けられるし、助かる。
くよくよすることによって、かえって体がダメになる。俺なんか癌って言われたのがな、
佃煮にして食っちゃうってがんセンターで言った。その途端にこんなに元気になった。



開高健はダンカン。
うぉ~、キャスティングが微妙すぎる。なんともいえない。
「ジョークの神髄とは、痩せ我慢なんだ」
開高センセイが、酔って「純文学に返してくれ」というくだりがある。
台詞がこっちに響いてこない気がするの。
実際はもっとでっぷりした人だし。だからって松村邦洋がやればいいかっちゃ
そうとも限らない。難しい。


風に訊け ライフスタイル・アドバイス (集英社文庫)

風に訊け ライフスタイル・アドバイス (集英社文庫)

乗り移り人生相談 -柴田錬三郎・今東光・開高健、降臨!!

乗り移り人生相談 -柴田錬三郎・今東光・開高健、降臨!!




俺たちは雑誌作ってんじゃねぇんだ。
文化作ってんだよ!
社会に対する受信力、発信力。
ところで「獄中人生相談」ボカシが入ってた人は誰?戸塚宏センセイ?
「親の言うこと、先生の言うこと全部聞いて。
そういう真面目な奴だけじゃ人生面白くねぇだろ。」
本当の不良じゃないから「ここは危ないから気をつけろ」と教えるのも役目だった。

広告を非表示にする