別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

テレメンタリー2013 アンコール はだしのゲンが残したもの。

※今年8月放送の再放送。見そびれたので記録。

はだしのゲンを描くとき 誰を思って描いてましたか?

いや、僕の家族の話です。兄弟とか、父や母の思い出を中心に

中沢啓治の自伝を描いたものが「はだしのゲン」だ。

みんな家族も亡くなりました。
原爆と戦争がなかったら、こういう散り散りばらばらで
亡くなる事もなかった。
僕らが住んでた広島の街は、もう、めちゃくちゃ。
ほんとうに悲しい思い出ですけど、その悲しい悔しい思い出を
ゲンの中に放り込んで、一生懸命描いてきました

グズ六(行進曲)などの漫画を描く時の気分と、

原爆を題材にした時の気分は違っていたのですか?

ゲンの中で何が言いたかったか。

ゲンのお父さんが「戦争反対」と言うと

よってたかって「戦争に反対する奴は非国民だ、国毒だ」と

いじめるわけです。僕はここを知ってほしかった。

戦争はいきなり起きるんじゃない。戦争を嫌う奴をなにがなんでも
戦争の流れの中に引き込んでいく、これらを知ってほしい。
戦争を肯定して 原爆を肯定して そういうものを認めるしきたり、風潮が生まれていく
皆さんそういう流れに歯向かってくださいよ。絶対に戦争はいけん。
みなさんがたも、どんなことを言われたって戦争だけは反対してくれよ。
僕らは嫌というほど、戦争の恐ろしさ、核兵器の恐ろしさを味わってきた。
もう2度とこれは繰り返しちゃいかん。
みなさんの頭の上にのしかかってきたらどんなに恐ろしいことか。
反対を叫び続けてほしいと思います。

原爆資料館には「はだしのゲン」第2部の原画がある。
実際に描かれていたのは1ページ。
全て寄贈されていたと思われていたが、今年の2月に続きが発見された。(ネーム)
東京大空襲で両親を失い、泥棒を繰り返すサブが出てくる。
不憫に思ったゲンが金を恵もうとするとサブに
盗まれてしまい、一文無しになる。

東京に原爆差別がある事を初めて知った。
広島で原爆を受けた、と言うと、いやーな顔をして僕を見る。
「放射能がうつる」そういう決めごとがあるんですね。
だから僕はあんな目で見られたのか。それ以来、広島で原爆を受けたことは言わないよう
努力しました。

はだしのゲン自伝

はだしのゲン自伝

はだしのゲン わたしの遺書

はだしのゲン わたしの遺書

はだしのゲン 文庫全7巻 完結セット (中公文庫―コミック版)

はだしのゲン 文庫全7巻 完結セット (中公文庫―コミック版)

「8月6日の平和記念式典。
8時15分が来るとその状況がよみがえるから、一切無視しようと
拒否反応で逃げ回るのです。どうしても毎年毎年、よみがえる。いやなんです。
思いだすから。そういうところから逃げ回りたくて、参加できなかった。」
2011年、たった一度だけ見おさめのつもりで参加した。

純粋に子供たちが「はだしのゲン」を読んで感じたことを
次の世代に伝えてほしい、と言っていました。いかに平和が大切かかみしめてほしい。

原爆に復讐しようと。

このまま黙っていていいものか。

***戦争と原爆をテーマに描き続けてきたのです。

僕はまだまだ死にません。

学校の図書室に置くとか置かないとか言う話があったけど
図書はひととおり司書教諭や他の教師も選定にかかわるし
読み始めると結構最後まで読み切ってしまう生徒も多い。
ただ2巻だっけ「グロいからまともに見れない」と言った子もいた。
だからって、よけてしまうのはどうかな。

広告を非表示にする