別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【訃報】川上哲治について知ってしまったこと。

●川上監督から見た長島

彼が巨人軍に入団してきたとき、私の家の近くに下宿先を見つけてやった。
球場への往復はいつも一緒だった。
車中で、プロ選手の心構えを折に触れて話したこともあったが、
同じ巨人軍の選手というより、球界の一先輩として接してくれた。
(略)私が不思議に思うのは、この人格が巨人軍に入団してきたときからあったというのだ。
・・いずれにしても私の監督生活で、こんな「出来た男」を手駒に使えたのは
幸せだったと言う以外に言葉はない。

古本探訪・1974.12・さらば栄光の背番号3長島茂雄
本館記事古本探訪:1974.12 別冊週刊読売 さらば栄光の背番号3 長島茂雄: .net.amigo
74年当時700円より

1ページにわたって長嶋サンへの思いが書かれている。


宝焼酎 純 CM - YouTube



ワタシが生まれた頃(昭和43~4年)V9オーダーをググる
1番レフト高田 背番号8
2番セカンド土井   6
3番ファースト王   1
4番サード長嶋    3
5番センター柴田   12
6番ライト国松    36
7番キャッチャー森  27
8番ピッチャー金田  34  
       堀内  18
9番ショート黒江   5

9番ショート?8番ピッチャー??斬新だ。
今ならノムさんのようなタイプ。データ重視なので打てないときは長嶋サンも4番ではない時があった。
今朝(31日)ラジオを聴いていたら
「川上さんは、野球理論に応用するため、監督時代東大の物理学の講義を受けていた」そうな。

「勝って勝って勝ちまくる」「一野球人の前に一人の人間であれ」

「中途半端だと愚痴が出る いい加減だと言い訳が出る 真剣にやれば知恵が出る」

3つ目の格言は武田信玄「一生懸命だと知恵が出る」をアレンジしたのではないか。

現在日本シリーズの真っただ中。
この時期何度も読み返す本「巨人軍に葬られた男たち」

巨人軍に葬られた男たち (宝島SUGOI文庫 A お 3-1)

巨人軍に葬られた男たち (宝島SUGOI文庫 A お 3-1)

なぜだろう。今特定のチームを応援していないからかもしれないけど読み返してしまう。
湯口敏彦。病死なのか自殺なのか。オールドファンなら記憶にあるだろう。

新聞記者との一問一答(抜粋)
自殺ではないか、と思った。

    • ノイローゼの原因について

プロ選手として心身が虚弱だったと言うことでしょう。
残念だが、スカウトが確かな目を持つことだと思いました。
(中略)もし、責任があるとすれば私にある。
巨人は正力さんの「強くあれ」の教えのもとにやってきた。そのやり方がいけないと言うのなら
わたしをやめさせればいい。

    • 湯口をどう見ていたか

去年納会で、話が通じない、目の焦点が合わない。こりゃいかんと思ったが
今年になって好転しかけていた。再び悪化したのはマスコミの責任もある。

    • 巨人にとっても球界にとっても暗い影響を与えるのでは

巨人こそ大損害を被りました。大金を投じ、年月をかけて愛情を注いだ選手。
せめてもの救いは、女をのせて交通事故などということにならなかった点です<<

どんないきさつで死に至ったかは省く。
当時のスカウトは
「いまさらスカウトを責めるのはおかしい。つぶさに事前調査をやり報告する。
 湯口君の時も家庭環境、性格などあらゆることを調べつくし、そのうえで
 現場の川上君が納得づくで1位指名した。確かに性格は内向的だが
 叱咤する時もこの子の性格をよく理解してからやってくれ、と言った」

ドラフトまでの過程は、今も昔も変わらないんじゃないだろうか。

今で言うイップスから重度のうつ病に転じたのか。
現代だったらもっと大問題になっていた。
色々な解釈ができる一問一答だ。言葉を十分に選んでコメントしているようだが
誤解を与えやすい表現が随所にある。責任丸投げととられても仕方ない。


巨人ファンの父親に育てられた。
70年代、我が家にはV9カレンダーがデカデカ飾ってあった。
捨てずに実家にあると思う。
現役時代を全く知らず巨人軍監督の記憶もおぼろなので
やはりこの曲を思い出す。

最後は明るく。←さんざん書いといて。

追記 2017.9.10

「湯口にする気か」というツイートを見たんだが
それでこの記事へのアクセスが微増したのか

広告を非表示にする