別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

遅ればせながら「親としての自覚」について。

みのもんた以降、親の責任、自覚についての記事が多いので
遅ればせながら書かせていただきました。


そして、父になった……のだろうか? - 琥珀色の戯言 そして、父になった……のだろうか? - 琥珀色の戯言


父親の自覚を持つために必要な3つの条件 - 僭越ながら 父親の自覚を持つために必要な3つの条件 - 僭越ながら

「自覚」の意味

【自覚】じ-かく

① 自分のあり方をわきまえること。

自己自身の置かれている一定の状況を媒介として、

そこにおける自己の位置・状況・能力・価値・義務・使命等を知ること。

自分で感じ取ること

【仏】自身の迷いを転じて悟りを開くこと

【哲】自己意識に同じ

             (広辞苑・昭和62年第三版第五刷)

広辞苑の表現は難しい。
「置かれている一定の状況を媒介にして・・・」は要るのか。
余計に分からなくなるなあ。なんだかなあ。「能力を知る」・・ないよ・・・
でもこの記事のいいところは「追記」。
皆様の声にしっかり答えてる。正反対の意見も含めて。


小中学校では教師が「最上級生としての自覚を持ちなさい」と言いますね。
でも無事に成長すれば誰でも小6、中3、高3になる。
父親母親も同じで
なりたくてなったわけじゃない者もいるし、
なったものの何をどうしていいか分からない者もいる。
「ならされてしまった」、もとい、「なってしまった」、或いは「なった」のだ。
他者から見ると現実逃避だから「自覚がない」と、とられるんだな・・・




なんとか母親になれたかもしれない - 仕事は母ちゃん なんとか母親になれたかもしれない - 仕事は母ちゃん

ウチも「なんとか母親になれたかもしれない」に近い・・・
旦那は6人兄弟の長男で、20代で父親が死んだので、末っ子の面倒をずっと見ていた。
だからなのか家事育児はワタシよりスムーズにできる。ど~もスイマセン。

ワタシはそうじゃなかった。結婚間もなく妊娠した事を受け入れられなかった自体、
自覚も資格もなかった。
今も自信がない。親になる資格がなかったと断罪してもいい。

17年親をやっていて未だに「朝練の弁当は作るのがめんどい」と思う。

冒頭「みのもんた以降」って書いたけど、正確には「福山雅治の映画以降」なのかしら。
みのもんたがみのもんたであるが故、叩かれる。
だからあの会見は「心がない」などと思ってしまう人が多い。
「シューイチ」出演者の静止画像のような顔つきと言ったらなかった。
自分に置き換えて、せがれや娘が犯罪をやらかしてしまったらどうするか。
そして親の監視はいくつまで必要なのか。

親の監視と親の責任~そんなに完璧になれないよ - 研究者はつらいよ~研究者の子育てブログ 親の監視と親の責任~そんなに完璧になれないよ - 研究者はつらいよ~研究者の子育てブログ

別にみのもんたの事を書いてるわけじゃないんですが
親も人間だから始終管理監視はできませんよってこと。
子どもが大人の場合にはあてはまらないかもしれませんが
いくつになってもワタシらの子供であることには変わりない事実です。
他人を追いつめて断罪するばかりの世の中になったらイカン。
あ、でもみのもんたは嫌いだな個人的には。
人生はブーメラン。

広告を非表示にする