別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

「ネット依存症のことがよくわかる本」を読んで、無理やりはるかぜちゃんと結びつけて考えた。

1日どれぐらい、ネットを眺めてるか、PCやアプリに対峙してるか
はじめてPCを購入した6年前と(←当時はウィンドウズのHOME BASIC)
ほぼ変わってないと思う。
休日はトータルで 5~6時間。うちブログ書く時間は長くても1時間以内。
仕事がある日なら2時間以下。
ワタシの場合、イ●ターポットなるものに2時間近く費やすのだが
やってる人は分かってくれると思う。あれのどこがゲームなのか。
始めた2年前はもっと緩かった。
ポチっと、キラリの2度手間のいやらしさや、
むりやり押しつけられ一向に減らないビンゴ券。
ちっちゃいビンゴに死神が2匹も隠されて、それでも1日何回もやってるなんて
いったい誰得なんだこのゲーム。
本館ブログでは愚痴らない自分はずるい。
時間の無駄や運営のまずさにやめて行く人も多い。
確かに時間泥棒だが暇つぶしにはなる。
また、自分には書けないタイプのブログに出会うことも多い。
しかしどぉ考えても時間がもったいない。

他の人は、平均何時間やってんのかしらと思いながら手に取った。

ネット依存症のことがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

ネット依存症のことがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)


まだ記憶に新しいのは、韓国のネカフェで24歳の青年が死んだ話。
死因はロングフライト血栓症とされる。

ロングフライト血栓症とは

肺動脈血栓塞栓症。水分を取らず同じ姿勢を続けたため、下肢の静脈に血液の塊ができ、
血流に乗って肺に到達し、つまらせる。迅速な治療を行わないと死にいたる。

親がゲームにはまり過ぎてネグレクトで子どもが死ぬ例も。
←パチンコ屋の駐車場の車の中で放置されてるのと一緒か。

読む限り「ハマり過ぎるとこんな末路が待っている」と警告している感じではある。
惜しむらくは「どこへ行けば治るのか」具体的な病院、自助グループが記されていない。
それをネットで検索しまくっているうちにたいへんな時間を費やすのではないか。

ネット依存症、小学生以下まで含めると4~500万人(推定)。

アルコールや薬物依存症に比べ、社会的に非難されにくいため、
本人も「何が悪いの」と疑問を持たない。

ふと本を置いて、はてな開いたら
「はるかぜちゃん」が出てきた↓

彼女は一体どんだけやってるんだ。
ワタシはブコメに「どうぞご自由に」と書いた。
外野は無責任だから、やり取りを見ていると面白いからだ。
自分勝手で恐縮だが、もし彼女が娘ならツイッターをやめるように言うだろう。
ちょうどうちの坊主に「LINEなんて時間泥棒だろ」というように。
でも自分だってクソゲーの頂点に立つかのようなイン●ーポットをやっているから
説得力がまるでない。
ところで、彼女の言ってることは(子供にしては)正論だけど

LINEが殺人を犯したのではなく、LINEが記録を残した

Twitterでいじめが起きるんじゃない、Twitterがいじめを記録した

つらいならツイッターやめれば?っていうのは

単に今起こっていることをなかったことにするだけで、何の解決にもならない。

6年生や中1がいちいちネガコメにかまってるなんて、時間がもったいないんですよ。
いくら母親が許可したとはいえ。
ていうか自分が撒いた種を刈り取ろうという義務感もあるんじゃないかしら。
急に全面的にやめろとは言わないけど、取捨選択は必要だよ。どうせ分かってるとは思うけど。
ま、何言っても今が一番「自分が正しい」と思い込んで譲らない世代だからね。誰もが通る道よ。
ただ、トータル何時間やってんのか気になっただけ。

ネット依存度テスト(抜粋)

思っていたより長い時間やっている
時間を費やすために、家庭での仕事や役割をおろそかにすることがありますか
配偶者や友人と過ごすよりネットを選ぶか
ネットで新しい仲間を作る事がありますか
ネットのない生活は退屈でむなしく詰まらないだろうと恐ろしく思うことがあるか
「あと数分だけ」と言っている自分に気がつくか
日々の心配ごとから目をそらすためにネットで心を鎮めることがありますか
睡眠時間を削って、深夜までネットをしていることがありますか
時間を減らそうとしても、できないことがありますか
誰かと外出するより、ネットを選ぶことがありますか
ネットをしていないと憂鬱になったりイライラしたりしても、
再開すると嫌な気持ちが消えてしまうことがあるか

・・・まだあるけど本を読んでねw
仕事の能率が下がるとしたら要注意。
インター●ットをやってる方で「深夜収穫がはじまった」と言ってる人もいますが
1回ぐらい収穫し損ねても死にましぇん。


つながらない生活 (「ネット世間」との距離のとり方)

つながらない生活 (「ネット世間」との距離のとり方)


広告を非表示にする