別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

爆報!荒木由美子 義母の認知症 

鏡に映った自分の姿に「誰かいる!」
お孫さんを見るなり「知らない男を連れ込んで!」とか
既に著書や講演などでよく知られたエピソードを紹介していました。



 

 

 

●夕暮れ症候群
記憶を失いながら「夕方になると家に帰る」習慣だけが残り
徘徊を始めてしまう。

 

 

 

 

 

近年亡くなられた谷啓さんもそうではなかったかと伝えられています。
谷啓の家はどこですか」と言いながら徘徊したんだとか。
20年前亡くなったワタシの祖父がそうでした。
祖母を若い女だと思いこんだり
母が記憶から消えてしまったり。
母は特養に祖父を入れ、そこで働いて死ぬまで面倒を見ました。
近い将来自分にできるか。自信がない。

荒木さんはほぼ付きっきりで8年間看ましたが
ある時涙が止まらなくなり
なんでそれが笑顔で越えられないのだろう、とまで思いつめます。
突然手が震えたり、円形脱毛症になり、胃潰瘍
そして自律神経失調症(情緒不安定など)。
祖母のアルツハイマー発症から10年。
祖母の暴言はひどくなります。

夫である湯原昌幸さんはついに首を絞めようとします。

そしてようやく誰かの手を借りよう、と。
俺たちがだめになると。

 


荒木さんは悪性黒色腫に。死亡率90%





 

母の治療のため、がん治療を放棄。
自分が良性であることを祈りながら介護した。
診断結果は良性。転移もなく黒色腫が消滅していた。
こんな私を長いこと面倒見てくれてありがとう
これからの由美ちゃんにもう悪いことはないよ

この番組を見るたびに
宮崎ますみの時にも感じたことですが
暗にがん治療を放棄したほうがいいって言ってるような
伝え方はどうなんでしょう。その人にとっては苦渋の選択だが。

覚悟の介護―介護20年 愛と感動の家族物語

覚悟の介護―介護20年 愛と感動の家族物語

夫婦力22章

夫婦力22章

燃えろアタック 傑作選 VOL.3 後期「全日本選抜チーム編」<完> [DVD]

燃えろアタック 傑作選 VOL.3 後期「全日本選抜チーム編」<完> [DVD]


人は仏に近づくと穏やかになることもある
うちのばあちゃんは業が深かったからなあ

うちのばあちゃんはじいちゃんが死んだあと
認知症になって老衰で死んだ。
危篤状態が1週間続いた。
うまくいかない夫婦だったのにふたりは同じ墓に入ってしまった。

燃えろアタックとトシちゃんについては本家ブログで。
燃えろアタック 
トシちゃん名取さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする