別館.net.amigo

別館.net.amigo

メモ代わり。ジャンルも気まぐれ

【書き起こし】NHK 関ジャニ 応援ドキュメント 明日はどっちだ

・下積み時代を語る3人

ジャニーズ入った時、15~6年前。紅白出れると思いました? (横山)
東京に出てこようとするだけで、1個大きな夢(村上)
まわりが売れるの早かったですからね(横山)
我々ごぼう抜きされましたから(村上)
後輩がね、司会の人に呼ばれるんですよ。
例えば”KAT-TUN!”みたいな。
お客さん「キャー」言うんですよ。
関ジャニなんですよ、どーする?俺らあんなキャー言われるんかと。
とった秘策が「どーも!!」ってデカイ声出す(横山)

こずるい技ね(渋谷)
こずるい技をNHKで話す日が来るとは(村上)

・後半でも下積み時代の話

新幹線の自由席しかチケット買えへんから、

デッキで過ごしたことあったもんね。席座られへん(村上)
意外とデッキ落ち着くからね(渋谷)
名古屋で確保できたら横浜まではね、キープできるから(村上)
ジャニーズJrって衣装が段ボールの中に入ってるんですよ。
底に残ってるのが、靴が右、右とか。(横山)
俺ら右右じゃ行かれへん(渋谷)
24.5と27.5とか。(村上)
そん時の左の気持ちよ(渋谷)

・赤字温泉を立て直せ:水沼温泉

89年群馬県が5億円かけて建設、当時年間20万人利用。
収益が落ちたため、市職員だった方が立ち上がる。
退職金をつぎ込むが「赤字覚悟でやるバカいないんじゃないの」と言われる

「この放送が流れる頃にはつぶれているかもしれない」
1日の売り上げが4万5千円の日もある。
源泉の湯温は19℃、ボイラー燃料代月約100万、1日平均3万以上。

常連客はいても収益が上がらない。宴会客に頼る。
息子さんは苦悩する父親を見て苦しくなり、手伝うことを決心。
・・・これ、「元気が出るテレビ」の商店街立て直しに似て・・ないか。
旅行会社が組み込んでくれたのに再び白紙。
ついに婚活ツアーのプログラムに目をつける。
ツアータイトル案、親子で考えるのもジェネレーションギャップが強すぎるな。

ここで横山君タオル巻いて息子さんと入浴シーン。
「撮影のためタオルを巻いています」そりゃ見ればわかるさテロップ。
婚活ツアーの案に
「ドキドキすることが大事」と横山君。出した案は
・誰だ?ゲーム
・ニックネーム作戦
「僕も人見知りするんでわかりますけど、初めに下の名前で呼んでしまうと
そっからなかなかニックネームで呼ぶと言う勇気に至れないんですよ
村上は、僕が下の名前で呼ぶと、あいつ速攻、下の名前で呼ぶ」
しかしジャズバーの婚活パーティーに息子さんが潜入するくだりは
参考にしたい気持ちは分かるがアレだなぁ。
息子の便に血が混じっているという告白でコーナー締め。

下道1時間って長くない?(渋谷)
自分らの発言力に力があること考えなさいよ
お願いやから、ふたり1回婚活行ってみて(横山)

KANJANI∞LIVE TOUR!! 8EST〜みんなの想いはどうなんだい?僕らの想いは無限大!!〜(DVD初回限定盤)

KANJANI∞LIVE TOUR!! 8EST〜みんなの想いはどうなんだい?僕らの想いは無限大!!〜(DVD初回限定盤)

8EST (初回限定盤A)

8EST (初回限定盤A)

 

●女性棟梁を目指す24歳

修業期間は原則7年。関岡さんは3年目。
6年生の時大工にあこがれたが、女だからと門前払いにあってばかりだった。
機械には不向きな「刻み」を手伝うことに。
細かい説明は一切ない。自分で考え解決する。
親方の宮内さんによれば、
地面に近いところの木は腐りやすいが、簡単に抜けない。
新しい木を持ってきてはめる。取り換えができるようにするため刻みが必要。
間違うことは、ようあります。

関岡さんを弟子にした理由は、6年生から想いがブレてないから。
薄切りの技に渋谷君がチャレンジ。

村上君が作業現場に潜入。「むっちゃ難しいパズルみたいやんか」
初めての時だけやからね。このドキドキ味わえるの。
今はすごくピュアに、純粋な気持ちで向き合えるやんか。
もういっぱいチャレンジしたらええやん。

兄弟子に頼らずやってみた関岡さん。失敗。
兄弟子が助け船を出したけど、親方が
「自分の失敗は自分でケツふけ!」言うんです。
すごいええとこでこのコーナー終わり。次は一軒の家づくりを任されることに。
失敗して、それをなんでやって追求したところで強くなれる(横山)
 

崖っぷちボクサー、米澤重隆36歳

・「原則37歳になったら、プロのライセンスは自動的に失効」
中学~社会人までレスリング、オリンピックを目指していたがけがで挫折。
26歳で総合格闘技。中途半端でやめた。
30歳でボクシングへ。現在B級。ランキング入りすれば日本ランカーと対戦。

渋谷君がジムをのぞいた時は練習中。
終了後、5キロ以上歩いて帰りながら話を聞く。
「ミドル級、怖いんじゃないですか?」
「恐怖心を克服しないとリングに上がれない」
大舞台で力を発揮できないと悩んでいた。
渋谷「15歳からやってますけど、でもなんか緊張むちゃくちゃするし
練習の時と違う。リハーサルの通り絶対行かないし。
その緊張した中で出たのがその時の実力。そこをどうにかしようとは思わない。
やってきたことしか出ないと思うから」
情報がない中でタイでの対戦に備える米澤さん。
相手はプラープスック・ノンピタヤコム(ミドル級)
米澤さん、2R45秒KO勝ち。
日本チャンピオンまであと2勝。


うむ
「明日はどっちだ」タイトル通りの人が登場した。
広い意味やったね、崖っぷち(村上)
めちゃめちゃ優しい人なんです(渋谷)

この番組、セット好きやわ。
それと3人のトーク。
嵐の明日に架ける旅」といいタイトルに「明日」入れるのが好きやな。
あの外人の女のひと誰?
「タイセツナコトハ勇気ダヨ」

●名言
いいかい、怖かったら怖いほど 逆にそこに飛び込むんだ(岡本太郎




 

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

 

 








 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする